カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


現在の位置

日々育児。(旧「日々妊婦。」)
トップページへ移動

  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月 --日 (--)
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト日々育児。(旧「日々妊婦。」)
トップページへ移動

  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2010年07月 13日 (火)
  ├ カテゴリー
  |  └ [育児] 日々のキロク
  └ 新生児育児の暗黒面を描いた漫画「ぢごぷり」
by AlphaWolfy

最近の記事

カテゴリー

プロフィール

トモトモ

Author:トモトモ
性格:熱しやすく冷めやすい、面倒くさがり、無駄な気遣いで行動できなくなること多し。
持病:椎間板ヘルニア、偏頭痛。
体型:小太り。

息子情報:2007年5月6日生まれ(39週6日)、出生時の体重は3715g。両家にとって初孫なので生まれる前からジジババ大騒ぎ。夫に似てます。

記録のためにBlogをやってみてます。


●身元バレ防止のため多少フィクションを交えていますので、つじつまが合わない時は生温かく見守ってください。

●家計の足しになればとアフィリエイトも積極的に投下するので、結構ウザいブログになってます。たは。

本家(休眠中):HaniwaFactory
本Blog:HaniwaFactory[Blog版]
別荘:HaniwaFactory[楽天版]

産後の買い物は宅配で。

赤ちゃんが生まれたら、最低1ヶ月は原則外出できません。家事を少しでもラクにするため、便利な宅配オススメしときます。


▼コープネット
私はここの「コープとうきょう」の個人宅配利用中です。

【チョット解説】
妊娠中~1歳未満の子供がいる場合、1年間の赤ちゃん割引で配送料の割引制度が利用可能。また、現在のところ初めて契約した人は最初の6週間、配送にかかる全ての手数料無料なので気軽に試せます。
加入には生協の会員になるため、出資金1000円が必要ですが、このお金は生協を脱退すれば返ってきます。
生鮮食料品は品質が良い分、すこしだけ割高に感じますが、コープオリジナルの一般食料品は安いもの多し。子連れで買い物行って、米や洗剤など重いもの買うの一苦労だし。あと、意外にオムツが安いです。

▼パルシステム
牛マークのキャラクターが出てくるテレビCMで御馴染みです。

【チョット解説】
ネットで調べると「野菜が旨い」などの感想をよく見かける、1都7県(東京・千葉・神奈川・埼玉・茨城・群馬・山梨・福島、2007年4月現在)で展開している生協の宅配です。CMでも産直をウリにしています。
コープネットと比べると商品点数は少なめらしいですが、離乳食の材料となる商品が多く、赤ちゃんが生まれて利用開始する人が多いようです。
私は利用したことがないのですが、利用者の詳しい感想があったのでリンクしておきます。
■教えて!goo 妊娠中で、生協の利用を考えています(東京在住)

最近のコメント

トラックバックリスト

RSSフィード

Photoscope

banner

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新生児育児の暗黒面を描いた漫画「ぢごぷり」

漫画メモ。
赤んぼって、実はこんな存在だと声を大にしながらメモ。

中身読んでないけど紹介されてる画像見ると「あー、そーだったー」と納得。
初産で育児経験者の居ない環境での育児って、大体こんな感じ。
木尾士目の「恐い育児マンガ」 ぢごぷり1巻 - アキバBlog

ぢごぷり(1) (アフタヌーンKC)
ぢごぷり(1) (アフタヌーンKC)木尾 士目

おすすめ平均
starsリアルだけど、実際の育児はもっと地獄だと思います。
stars木尾士目に感服!
stars新たなる境地
stars重いッ!!!
starsあかんぼもお父さんもお母さんも生きものです。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ぢごぷり(2) (アフタヌーンKC)
ぢごぷり(2) (アフタヌーンKC)木尾 士目


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



出産てのは命がけで、運が悪ければ死ぬ作業。
それを終えて待っているのは、ノイローゼ→鬱病→自殺の道を辿る可能性のある
睡眠とれない、止まない鳴き声をBGMに続ける極限状態の作業。
完全母乳だと便が水状態だからよく漏れる、昼夜問わず2時間に一回は授乳。
一日に何度も洗濯しても追いつかず、子供の便が水なのでびゅーっと飛ばされて
自分の服も布団も便まみれなんてザラ。
日本の場合、産後1ヶ月は新生児外に出すなと指導されるので
手伝う人が居なければ家に缶詰。
女性ホルモン・甲状腺ホルモンのバランスがぐちゃぐちゃに崩れて
医学的にも身体がおかしくなりやすい(助産師談)。
親族や周囲の子育て経験者人から「○○はダメ、こうしなさい」とか
「私が子育てした時はこうだった」と激しいダメ出しを受けたりする。
乳首は切れて授乳の度に激痛で、たまに乳腺炎になって39度の熱で
フラフラしながら子供の世話。

泣き言ばっかり書くなと怒られそうだが
実際、子供が2歳になるより前の記憶が曖昧だ。

新生時期なんてろくに覚えてない。
ブログの記述や写真・ビデオを見てよく驚く。
ああ、こんなに可愛かったのかーと。

産んですぐなんて子供が心の底から「かわいい」と思えた記憶が無い。
「死なせないように育てなければ」という義務感で全てが支配されていた。

ここで『私の育児は大変だった!』と主張してもどうなるわけでもないし
誰かからの賞賛や慰めを受けたいわけではない。

義実家遠方、夫は激務で毎日終電帰り
実母親がBPD気味の毒で手伝うと言いながら精神攻撃しかしてこない
住んでる場所は地元でなくフルタイムで働いてたので知り合いも皆無
という環境で、里帰り無くほぼ1人で育てて
産前産後も『大変だった』『疲れてた』以外が浮かんでこない。

もっと自分が頑張れば、この子は泣かなくなるはずだ
もっと自分が頑張れば、この子はよく寝るはずだ
もっと自分が頑張れば、育児は他の人みたいに楽しくなるはずだ
もっと自分が頑張れば、この子をかわいいと思えるはずだ
もっと自分が頑張れば、『ママ友』やらも出来るはずだ
もっと自分が頑張れば、もっと自分が頑張れば。

何をやっても自分を否定して「もっともっと」と
ありもしない理想を求めているだけだった。

育児雑誌に画像と共に掲載されている、理想の育児の数々と
今そこにある現実とのギャップに毎日苦しみが生まれて蓄積されていった。

話し相手も無くいつも子供と2人だったから
ここで文章化して自分で自分を評価して
あの頃の自分を「がんばったんだよ」と思い出してやることで
やっと前に進める気がする。

一通り終えると、細かいことがどうでも良くなっている
以前よりも少し強靭な精神を自分の中に感じることとなる、か?

子供の性格にもよるけれど
よく泣いて、あまり寝ないタイプの新生児はしんどいよ。

1人目がこうだったから2人目はなんとかなるだろうか、と楽観したり
2人目なんてこっちも年取って体力落ちてるから更に大変だったらどうしようと悲観したり
将来の家族計画に対して一喜一憂しがちだ。
別問題で経済的な負担のこともありますし。

ふとこのエントリをまた思い出す。
誰でもわかる育児ストレスガイド- なんでかフラメンコ

生む前から自己否定的な性格だったためか
子供を持つ前に暗黒面を知っておかなきゃと
虐待に関する本も何冊か読んだけど、実際の育児は実に過酷だった。

子供産む前に色々な覚悟を決めるべきだ、と思うので
こんな育児暗黒面漫画があっても良いと思うのです。

妊娠中にドリーム全開になればなるほど育児の現実が受け入れられなくて
精神病む人って結構多いと思うのですよ。

産後の母親は狂いやすい

と、私は考えている。だからまぁ、気をつけてと言いたい。

今、子供を産んでみて
「子供がかわいいと思えない、育児が大変としか思えない、他の人は楽しそうなのに」
と思う人は、それはそれで普通だからと言いたい。
育てやすい子、育て難い子、育てやすい環境、大変な環境、貴方の性格
育児は100人居れば100通りだ。
人と同じにしても上手くいった試しがない。

心が病んだら、カウンセリングを受けるべき。
「あんたが頑張らないから」と否定と精神攻撃してくる助産師や保健婦や保育士も
残念ながら存在するので、相談する人を選ぶといい。
「相談」の看板を掲げていても、あなたはこうしなさい、ああしなさいと
話を聞かずに「指導」だけをする場所もあるので、合わない所には行かない方が良い。

貴方の声を、全て聞いてくれる人。
頷いて「がんばったね」とただただ労ってくれる人。
子育てに詳しい臨床心理士を保健センターなどで紹介してもらうのが一番良い。
託児したり子連れでOKの「育児相談」という名のカウンセリングが
ある所にはある。

貴方に足りないのは「いたわり、寄り添う気持ち」だ。
自分で自分を評価できなくなり迷宮に迷い込む前に
安心できる人に吐き出すべきだ。

今を乗り越えて先にあるのは、少し強くなった自分だ。
いきなり現れた「子供」という存在に強く戸惑っているだけだ。

と、あの頃の自分に合ったら話してやりたい。

母性は湧いて出るものではない。
母性だって子供と同じで、育てて成長していく存在だと思う。
「母親だから」「母親なのに」で産んで1年にも満たない人の抱える問題の全てを
片付けようとするのは実に乱暴な話だよナァ。
スポンサーサイト

コメント

トモトモさんの言っていることは同感です!
もうこう言いたい事を言ってくれている気がしていっつもスカッとします。

私もトモトモさん程ではないですが産後は似た環境でした。
相談もここでしかできないくらいわからずやの保健婦、助産婦、看護師にあたりました。
知り合いも同じ思いをしている方は皆無で未だにトモトモさん頼りです。

このところ散らかし放題の娘にぐったりで引きこもり気味でした。
やる気もなく児童館のお上品奥さん達の話も嫌すぎであまり行ってません。
そんなときやっぱりこのサイトが一番ですね。
つい一番の頼みの綱を離したままいました。

もっと話を聞きたいと思っています。
トモトモさんが体験した毎日をもっと知りたいと思うのです。

読んでいて胸がぐっとなりました。私は私の実家が近くて救われた部分が山ほどありますが 産後のお母さんは おかしくなってて当たり前です!だから まわりの心ない言葉に もうっ!と思う事も山ほど… 二人目が妊娠中なんて 更におかしくなります(笑)上の子に八つ当たりしまくり つわりゲロゲロで 朝コーンフレークの袋を渡し DVDをつけ 私は布団…今思えば最悪で泣けてきます。でも どうしようもない日々で毎日地獄(笑)うまれて半年 食物アレルギー半端なく また地獄(笑)でも 子供が大きくなってくれてることが 私の努力の証で 自己満足と自己否定の日々ですが もうそれでいいのだと!自転車で側溝に落ちたり 顔にマジックでかきなぐったり テーブルでソーメンこねたり たった数秒目をはなせば こんなんですが 生きてるだけで幸せです!

色々書いてごーっと吐き出せたので、また日々がんばっていくのだ。

>void3987さん
ありがとうございます。
こんなチラシの裏みたいな掃溜めが頼みの綱でいいんだろうか??
とものすごく自信無いんですけど今wwwwwww
なかなか、こんな話リアルで出来るもんじゃないよねぇ。
個人が特定されない、好き放題書いていい場所だからこそ書くわけですけど
こんなの口頭で話してたらきっと泣いちゃうだろうし。
なんでみんなあんなに育児楽しそうなんだろうと不思議に思うけど
実は言わないだけで似たようなもの抱えてるってのも多いんじゃないかと。
ここ以外だったら多分、2chの育児板に
似たような人がいっぱい居るスレあると思う。
私はそこで随分救われたし、今も救われてる気がする凹んだ時に。
共感って大事だー。
社交性ゼロの私には児童館苦行だぞー。
でもあそこは子供が遊ぶ場所だから無理して母親同士喋るのに
参加しなくてもいいんだと気づいたら楽だぞー。
居心地悪かったら子供と遊んでおけばいいんだぞー。
あえて人の少ない時間に行って職員と仲良くなると楽だぞー。

>こーせ&ユキトママさん
今思えば最悪かもしれないけれど、それがその時出来る精一杯のことだったら
それで仕方ないんじゃないかと思いました。
出来ること一生懸命やるしかないもんなーと日々を振り返りながら読みました。
しかし食物アレルギーも・・・!もうほんと、足向けて眠れない。
このブログ始めた頃からいつもコメントで励ましてもらって
本当にありがとうございます。

後悔しないようにしたいな。色々と。

ぢごぷりさっき読みました。

せっかくあそこまで書いたのならもっとリアルに育児する母親の感情とか出してほしかったです。もんもんとしている雰囲気だけだったので...。付け加えるとしたらホルモンバランスが崩れて産後うつになっているとか説明がほしいですね。どうしてかってわかることでいい加減だの、ずぼらだのではないってことを読んでくれて方々に理解してほしいと思うのです。
でないと、これって育児する母親の未熟な愚痴って感じで終わりそうな気がするんです。

確かにリアルに育児相談したら泣きそうです。
トモトモさん何かあったんですか?大丈夫ですか?心配です。
「・・・だー。・・・だぞー。」は嬉しかったです。ありがとうございます。
よしっ!その作戦で!!!って思わずこぶし握っちゃいました(笑)
児童館では正直、疎外感がありますが子供が楽しむのが一番ですもんね。次は子供と私!ですよね!!!

へーきですよん。

日本テレビの女子アナウンサーも
産後欝で自殺の可能性って、すごく衝撃でした今日は。

何かある・・と聞かれましたら、毎日何かありますよwww
「産んでからの1~2年間」はそれに心が振り回されて
人に話すことも上手く出来なかったな、ってそんな意味。

適応障害なんて病名が確かあったような気がするけれど
環境が変わってそれに適応するには、自身の考え方や感じ方を
再構築して変えていくことが不可欠かなと。
それに時間がかかった。

「問題を抱えていた昔の自分」というものを思い出して
その存在にどんな言葉をかけてやれば楽になったのか、とか
前に進むためにはどんな方法があったのかとか
客観視できる余裕が出来たら、もう適応が完了しているのではないか
と勝手に考えています。
この記事を書くことで自身の問題を1つクリアできたのではないか、と。

変化への評価を自身ですることの大切さというか。
内容が抽象的なので分かりにくいなこれ。
このブログの存在って、私自分の内面の問題をよりクリアにして
それを客観視して評価する作業を行うための文章という役割があります。

心配してもらったようで、ありがとうございます。
でも、私の中では思考を文章化できた時点で
多分抱えている問題からは既に通過地点にある段階なので
ここになんか凹んだこと書いてもそれでスッキリしちゃってるので
全然大丈夫なんですよーと言いたかった。
ええ、心配無用なんです。まともな日本語で書けてりゃ元気。

昔、臨床心理士となんとなく話す機会があったんですけど
こうして文章化するってものすごく良い方法らしいですよ。
ネット上=公衆の面前でこんな自慰行為みたいなことやってるのって
どうなのー?って自分に思い切り突っ込みたくなる時もあるけど
それも心理学的には良い事らしいっす。

同じような悩みが現在進行形の人に、このコメントも含めて目に触れて
前に進むための材料になればいいのにと欲深いことも考えています。
当時の自分が、同じような方法で
いろんな人が書いた様々な文章によって随分救われたので、恩返しみたいな気持ち。

日々小さなことはあるけど
随分ストレス耐性ついて吐き出せる場所も方法も出来てきて
いつの間にか息子もすんごく成長して肉体的には楽になってきたし
慣れてきましたよ、子供が居る生活。

ぢごぷり感想ありがとー。
あの漫画、確か描いてるのが男性らしいですね。
機会があったら読もうっと。
本読む暇全然無いやorz

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://hibininpu.blog76.fc2.com/tb.php/749-a7b73af6

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。