カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


現在の位置

日々育児。(旧「日々妊婦。」)
トップページへ移動

  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月 --日 (--)
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト日々育児。(旧「日々妊婦。」)
トップページへ移動

  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2009年02月 06日 (金)
  ├ カテゴリー
  |  └ [育児] 日々のキロク
  └ 『赤ちゃんは寒さに弱いのでなく暑さに弱い』-乳幼児突然死症候群を学ぶ
by AlphaWolfy

最近の記事

カテゴリー

プロフィール

トモトモ

Author:トモトモ
性格:熱しやすく冷めやすい、面倒くさがり、無駄な気遣いで行動できなくなること多し。
持病:椎間板ヘルニア、偏頭痛。
体型:小太り。

息子情報:2007年5月6日生まれ(39週6日)、出生時の体重は3715g。両家にとって初孫なので生まれる前からジジババ大騒ぎ。夫に似てます。

記録のためにBlogをやってみてます。


●身元バレ防止のため多少フィクションを交えていますので、つじつまが合わない時は生温かく見守ってください。

●家計の足しになればとアフィリエイトも積極的に投下するので、結構ウザいブログになってます。たは。

本家(休眠中):HaniwaFactory
本Blog:HaniwaFactory[Blog版]
別荘:HaniwaFactory[楽天版]

産後の買い物は宅配で。

赤ちゃんが生まれたら、最低1ヶ月は原則外出できません。家事を少しでもラクにするため、便利な宅配オススメしときます。


▼コープネット
私はここの「コープとうきょう」の個人宅配利用中です。

【チョット解説】
妊娠中~1歳未満の子供がいる場合、1年間の赤ちゃん割引で配送料の割引制度が利用可能。また、現在のところ初めて契約した人は最初の6週間、配送にかかる全ての手数料無料なので気軽に試せます。
加入には生協の会員になるため、出資金1000円が必要ですが、このお金は生協を脱退すれば返ってきます。
生鮮食料品は品質が良い分、すこしだけ割高に感じますが、コープオリジナルの一般食料品は安いもの多し。子連れで買い物行って、米や洗剤など重いもの買うの一苦労だし。あと、意外にオムツが安いです。

▼パルシステム
牛マークのキャラクターが出てくるテレビCMで御馴染みです。

【チョット解説】
ネットで調べると「野菜が旨い」などの感想をよく見かける、1都7県(東京・千葉・神奈川・埼玉・茨城・群馬・山梨・福島、2007年4月現在)で展開している生協の宅配です。CMでも産直をウリにしています。
コープネットと比べると商品点数は少なめらしいですが、離乳食の材料となる商品が多く、赤ちゃんが生まれて利用開始する人が多いようです。
私は利用したことがないのですが、利用者の詳しい感想があったのでリンクしておきます。
■教えて!goo 妊娠中で、生協の利用を考えています(東京在住)

最近のコメント

トラックバックリスト

RSSフィード

Photoscope

banner

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『赤ちゃんは寒さに弱いのでなく暑さに弱い』-乳幼児突然死症候群を学ぶ

乳幼児と共に生活するうえで、必ず知っておきたい
乳幼児突然死症候群(SIDS)についての知識。

このサイトの情報は新しくて、データも表示されていて
多少学術的な内容もあるけれど説得力あって分かりやすい。
乳幼児突然死症候群(SIDS)-久保田産婦人科麻酔科医院

はっきりとした原因は解明されていないけれど
いくつかの注意点を守れば、発生は抑えられるというデータがある。
その中でも重要なのが『温めすぎ』。

乳幼児突然死(SIDS)は、うつ熱時の「産熱抑制」が原因

出産後に一番感じたが、年配の人ほど赤ちゃんに厚着させたがる。
「薄着で可哀相」と、余計に毛布をかけてみたり
汗疹が出来るほど室温を上げてみたり。

全て子供のためを思ってしてくれている悪意の無い行為なのだが
実際にはとても危険な行為なので説明するのに苦労する。

何度説明しても息子の服装見るたびに「寒くて可哀相」と言い
私の見てないうちに寝てる息子へ余計に布団かけて汗ぐっしょりにさせた人には
『この子、突然死で殺す気ですか?死にますよ?』と言ったこともある。
ちなみに、その人は冷え性。年中寒がっている。

年配の人は若い人と比べて体温調節機能が多少の衰えがあって
体感温度が違うからなのだろうか?なんて思ったりもする。

「どんな服を着せたらいいか分からない」というのは初めての子供を産んで
最初に猛烈に悩んだ事柄だったけれど、これはもう慣れるしかない。
首に汗かいてないか、手足が妙に温かくないか。
室温と湿度にも気を遣うと調節しやすいと思う。

室内環境と子供の体質にもよるだろうけど
私は息子に寝る時には、手袋も靴下も使わなかった。
特に手袋は、生後1ヶ月の時に顔ひっかいちゃうんで一時期使ったけど
息子、自分で取っちゃって気付いたら顔の上に乗ってて怖かったからなぁ。

前述の寒がりの人はその後
『赤ちゃんは真冬の夜は手足が氷みたいに冷たくなって可哀相だから、羽毛の入った靴下や手袋を着せてあげたい。私が縫ってあげる。』
とか言い出して、ほんとこの人は息子を殺す気かよと思いながら断った。

心配してもらってるのにその態度は何だと怒られそうだけれど
何度説明しても、赤ちゃんは寒さに弱いという信念を変えてくれない人は
正直面倒くさい。

悪意が無いのが一番困る。

最後に、SIDSで3人目のお子さんを亡くした方の手記。
あまりにも悲しすぎて、私はまだ途中までしか読めていない。
それでも、子供を持つ人とその周囲の人には
目を通して欲しい文章だと思う。

最高のありがとうを君に―SIDS~娘が天に召された日―

ウチの息子は1歳8ヶ月になったけれど、今でもまだ
私も夫も、息子が眠っている時は『息をしてるか?』と心配になって様子を見る。

健やかに育って欲しい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://hibininpu.blog76.fc2.com/tb.php/586-d88209cc

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。