カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


現在の位置

日々育児。(旧「日々妊婦。」)
トップページへ移動

  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月 --日 (--)
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト日々育児。(旧「日々妊婦。」)
トップページへ移動

  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2008年11月 05日 (水)
  ├ カテゴリー
  |  └ [育児] 日々のキロク
  └ ニュースメモ「母乳による乳児への免疫能付与に関係する分子が明らかに」
by AlphaWolfy

最近の記事

カテゴリー

プロフィール

トモトモ

Author:トモトモ
性格:熱しやすく冷めやすい、面倒くさがり、無駄な気遣いで行動できなくなること多し。
持病:椎間板ヘルニア、偏頭痛。
体型:小太り。

息子情報:2007年5月6日生まれ(39週6日)、出生時の体重は3715g。両家にとって初孫なので生まれる前からジジババ大騒ぎ。夫に似てます。

記録のためにBlogをやってみてます。


●身元バレ防止のため多少フィクションを交えていますので、つじつまが合わない時は生温かく見守ってください。

●家計の足しになればとアフィリエイトも積極的に投下するので、結構ウザいブログになってます。たは。

本家(休眠中):HaniwaFactory
本Blog:HaniwaFactory[Blog版]
別荘:HaniwaFactory[楽天版]

産後の買い物は宅配で。

赤ちゃんが生まれたら、最低1ヶ月は原則外出できません。家事を少しでもラクにするため、便利な宅配オススメしときます。


▼コープネット
私はここの「コープとうきょう」の個人宅配利用中です。

【チョット解説】
妊娠中~1歳未満の子供がいる場合、1年間の赤ちゃん割引で配送料の割引制度が利用可能。また、現在のところ初めて契約した人は最初の6週間、配送にかかる全ての手数料無料なので気軽に試せます。
加入には生協の会員になるため、出資金1000円が必要ですが、このお金は生協を脱退すれば返ってきます。
生鮮食料品は品質が良い分、すこしだけ割高に感じますが、コープオリジナルの一般食料品は安いもの多し。子連れで買い物行って、米や洗剤など重いもの買うの一苦労だし。あと、意外にオムツが安いです。

▼パルシステム
牛マークのキャラクターが出てくるテレビCMで御馴染みです。

【チョット解説】
ネットで調べると「野菜が旨い」などの感想をよく見かける、1都7県(東京・千葉・神奈川・埼玉・茨城・群馬・山梨・福島、2007年4月現在)で展開している生協の宅配です。CMでも産直をウリにしています。
コープネットと比べると商品点数は少なめらしいですが、離乳食の材料となる商品が多く、赤ちゃんが生まれて利用開始する人が多いようです。
私は利用したことがないのですが、利用者の詳しい感想があったのでリンクしておきます。
■教えて!goo 妊娠中で、生協の利用を考えています(東京在住)

最近のコメント

トラックバックリスト

RSSフィード

Photoscope

banner

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニュースメモ「母乳による乳児への免疫能付与に関係する分子が明らかに」

母乳の研究、進んでますな。

母乳による乳児への免疫能付与に関係する分子が明らかに 健康・美容海外ニュース

母親は授乳を介して乳児に腸内感染に対する免疫能を与えることができるが、その際にCCR10と呼ばれる分子が重要な役割を果たしていることが、米国のマウスを用いた研究によって明らかにされた。
米ブリガムヤング大学、ハーバード大学、スタンフォード大学の研究チームは今回の研究で、正常な乳汁を分泌するマウスの乳腺には何十万もの抗体産生細胞が存在するのに対して、CCR10をもたないマウスの乳腺にはその細胞数が70分の1しかないことを発見した。CCR10の欠如が抗体産生細胞不足の原因であった。

研究著者のブリガムヤング大学(ユタ州)微生物学助教授のEric Wilson氏は「授乳が乳児に良いとされる理由の1つは、母乳に新生児を感染から守る防御抗体が含まれているためである。今回の研究は、これら抗体産生細胞が必要とされる場所で得られるという、母体を活用した分子レベルでのメカニズムを示したものである」と説明している。

同氏は「研究の結果、CCR10は重要な分子であり、母親に対するワクチンをデザインする際には、子どもに効率よく防御抗体を伝えられるように、高レベルのCCR10を誘発させることが必須であることが示された」と述べている。研究結果は、米医学誌「Journal of Immunology(免疫学)」11月1日号に掲載された。

免疫システムを専門に扱う米国の非営利団体ベナロヤBenaroya研究所(シアトル)のDaniel Campbell氏は、「母親の抗体産生細胞の再分配(redistribution)に関する分子的基礎はまだ十分に特徴付けられていない。しかし、今回の研究は、母親の抗体産生細胞の再分配と受動免疫を引き起こす分子的役割を解明するための端緒となるものであり、母乳を介して乳児に免疫能が与えられる方法についての根本的な理解を深める重要な研究である」と述べている。(HealthDay News 10月24日)

http://www.healthday.com/Article.asp?AID=620557
Copyright © 2008 ScoutNews, LLC. All rights reserved.


だれでもできる母乳育児
4895739821ラレーチェリーグインターナショナル

メディカ出版 2000-05
売り上げランキング : 8125

おすすめ平均star
starこれならできる母乳育児
star参考になりました
starタイトル通りの内容でした

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スポンサーサイト

コメント

母乳力って凄いですね~ビックリです!!!
ミルクではなく母乳で育てる予定なので素敵な情報です!!!
意欲が湧きます♪
しっかり出てほしい母乳です。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://hibininpu.blog76.fc2.com/tb.php/486-70cce4d9

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。