カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


現在の位置

日々育児。(旧「日々妊婦。」)
トップページへ移動

  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月 --日 (--)
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト日々育児。(旧「日々妊婦。」)
トップページへ移動

  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2008年08月 20日 (水)
  ├ カテゴリー
  |  └ [育児] 日々のキロク
  └ 大野病院事件の判決が出た
by AlphaWolfy

最近の記事

カテゴリー

プロフィール

トモトモ

Author:トモトモ
性格:熱しやすく冷めやすい、面倒くさがり、無駄な気遣いで行動できなくなること多し。
持病:椎間板ヘルニア、偏頭痛。
体型:小太り。

息子情報:2007年5月6日生まれ(39週6日)、出生時の体重は3715g。両家にとって初孫なので生まれる前からジジババ大騒ぎ。夫に似てます。

記録のためにBlogをやってみてます。


●身元バレ防止のため多少フィクションを交えていますので、つじつまが合わない時は生温かく見守ってください。

●家計の足しになればとアフィリエイトも積極的に投下するので、結構ウザいブログになってます。たは。

本家(休眠中):HaniwaFactory
本Blog:HaniwaFactory[Blog版]
別荘:HaniwaFactory[楽天版]

産後の買い物は宅配で。

赤ちゃんが生まれたら、最低1ヶ月は原則外出できません。家事を少しでもラクにするため、便利な宅配オススメしときます。


▼コープネット
私はここの「コープとうきょう」の個人宅配利用中です。

【チョット解説】
妊娠中~1歳未満の子供がいる場合、1年間の赤ちゃん割引で配送料の割引制度が利用可能。また、現在のところ初めて契約した人は最初の6週間、配送にかかる全ての手数料無料なので気軽に試せます。
加入には生協の会員になるため、出資金1000円が必要ですが、このお金は生協を脱退すれば返ってきます。
生鮮食料品は品質が良い分、すこしだけ割高に感じますが、コープオリジナルの一般食料品は安いもの多し。子連れで買い物行って、米や洗剤など重いもの買うの一苦労だし。あと、意外にオムツが安いです。

▼パルシステム
牛マークのキャラクターが出てくるテレビCMで御馴染みです。

【チョット解説】
ネットで調べると「野菜が旨い」などの感想をよく見かける、1都7県(東京・千葉・神奈川・埼玉・茨城・群馬・山梨・福島、2007年4月現在)で展開している生協の宅配です。CMでも産直をウリにしています。
コープネットと比べると商品点数は少なめらしいですが、離乳食の材料となる商品が多く、赤ちゃんが生まれて利用開始する人が多いようです。
私は利用したことがないのですが、利用者の詳しい感想があったのでリンクしておきます。
■教えて!goo 妊娠中で、生協の利用を考えています(東京在住)

最近のコメント

トラックバックリスト

RSSフィード

Photoscope

banner

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大野病院事件の判決が出た

妊娠出産を経て、こんなブログもやっているものだから
なんだかんだで目にすることの多かった大野病院事件のこと。

福島県立大野病院産科医逮捕事件 - Wikipedia

お産を扱う病院が減るきっかけになった事件として
ネットでは以前から有名になっていた。

今日、判決。医師に無罪判決。

時事ドットコム:産婦人科医に無罪=医療ミスを否定-帝王切開死亡事故・福島地裁
 福島県立大野病院(同県大熊町)で2004年、帝王切開手術で出産した女性=当時(29)=が大量出血して死亡した事故で、業務上過失致死と医師法違反の罪に問われた産婦人科医加藤克彦被告(40)の判決公判が20日、福島地裁であり、鈴木信行裁判長は被告の医療ミスを否定し、無罪(求刑禁固1年、罰金10万円)を言い渡した。
 執刀医による手術時の判断について刑事責任を否定した判決は、今後の医療過誤事件に大きな影響を与えそうだ。
 胎盤を子宮から剥離(はくり)した際に大量出血を予見できたかと、剥離を中止して子宮摘出に移る義務があったかが、最大の争点となった。
 被告側は、剥離中の出血は少なく、出血量の急増は予測できなかったと主張。「剥離を開始したら完了させ、それでも出血が止まらなければ子宮を摘出するのが、一般の医療水準だ」として、処置は適切だったと訴えた。検察側は、通常は使わないクーパー(手術用はさみ)を使い胎盤をはがしたことなどから、「出血で死亡する危険性が高いと予見できたのに、無理な剥離を漫然と継続した」と非難していた。(2008/08/20-10:18)

(以上、ニュース記事全文引用)

産経新聞では遺族へのインタビューなども交えた記事を配信している。

無罪判決に産科医、身じろぎせず 遺族は涙 - MSN産経ニュース
 手術中の判断をめぐり、執刀医の刑事責任が問われた福島県大熊町の県立大野病院で発生した妊婦死亡事件。病院の調査委員会が報告書を作成し調査を終えた後の逮捕・起訴に医療界からは「通常の医療行為で逮捕されれば現場が萎縮(いしゅく)する」などと強い反発の声があがっていた。全国で産科医の不足や過酷な労働状況が指摘される中、福島地裁が下したのは、医師の裁量を認めた「無罪」判決。法廷内ではさまざまな感情が渦巻いた。

 午前10時過ぎにダークグレーのスーツを着て入廷した加藤被告。裁判官に向かって一礼をした後、傍聴席の被害者家族が座っている方向に向け、深く頭を下げた。

 鈴木信行裁判長に名前などを確認されている間は、緊張からか、せわしなく両手を動かしていたが、「無罪」の主文が言い渡されると、身じろぎせず聞き入った。

 加藤被告は女性が死亡した後も大野病院ただ一人の産婦人科医として勤務し、平成18年2月18日の逮捕時にも、約10人の入院患者と20~30人の外来患者を抱えていた。妻も第一子の出産間近で、加藤被告は自分で子供を取り上げる予定だったという。

 しかし逮捕で状況は一変。妻の出産に立ち会えず、患者のケアも不可能になった。保釈後も現場に復帰せず、休職を続けていた。

 主任弁護人の平岩敬一弁護士は加藤被告の近況について「謹慎に近い状態で、医学博士の学位を取るために自宅で研究を続けていた」と話す。

 今年5月に開かれた最終弁論では、加藤被告は「もし再び医師として働けるなら、もう一度地域医療の一端を担いたい」と希望を述べていた。

 一方、被害者女性の家族もまた、「無罪」を言い渡した裁判官を見据えながら判決に聞き入った。女性の父親は、祈るような形で手を組み合わせたまま、唇をかみしめ、判決理由に耳を傾けた。

 女性の父親や夫は1月の意見陳述で「この事件で、閉鎖的だった医療界が国民の関心の的になった。事件が開かれた医療のあり方や臨床の実態を考えるきっかけになることを願う」と希望した。

 同時に、「幼くして母を失った子供を見るとふびんになる」「夜中、突然目が覚めるという状態が続いている」「わが家の生活から笑顔が事件以来、無くなってしまった」などと、事件後に家族の生活が様変わりした苦しみを吐露し、加藤被告に対して厳罰を望んでいた。

 判決の朗読が始まって5分ほど経った後、うつむいた父親が突然涙をこぼし始めた。感情を抑えられない様子で、ハンカチを取り出しては、涙を何度もぬぐっていた。

(以上、ニュース記事全文引用)

判決の出た後だし、どちらが良いか悪いかなんて考えたりはしないけど
出産って命がけなんだよなって、改めて思う。
私も息子も、よく生きてたなと。

出産に限らず、人の命なんていつ終わるか誰も分からないから
中途半端は辞めよう、今出来ることはなるべくがんばって片付けよう
そんなこと考えていた。

何時になるか知らんが、息子の孫は見てみたいなぁ。
どんな顔してんだろか。
スポンサーサイト

コメント

妊婦になって産婦人科とか医療事故とか関連する事柄がやたら目に付くようになりました。現実には前向きに前向きにってことで死に直面するリスクがあるということはほとんど耳にしません。
ネットで調べると妊娠するまでと妊娠して正常な子供が生まれ育ち母子ともに健康っていう確立は案外少ないことに驚かされます。
だから尚更考えてしまうのは...妊娠したことやこれからお腹の中で育って正常に分娩ができて産まれて育ててゆけることがすごいことなんだと思うのです。
友達で流産を繰り返してもう何年も不妊治療を行っている子や、婦人病が原因で産めなくなった子もいます。産まれても子供が障害やアレルギーなどに経済的に精神的に苦しんでいる友達もいます。
子供の手を引いて歩く姿やすれ違う人も自分もそういうリスクの中で問題なく育っているんだと改めて認識するし凄いことなんだと...。

すっかり脱線してしまいましたが「中途半端は辞めよう、今出来ることはなるべくがんばって片付けよう」っていう『ともともさん』の言葉はとても重く育児をされているから自然にでるものなんだと。。あぁ~そうだな。凄いなと思ったし納得しちゃいました。

>void3987さん
コメントありがとです。
注目度の高いニュースだったから、この記事UPしたら
この日はアクセスがいつもの倍になってて驚きました。

前向きさと楽観が、健やかな出産&育児の秘訣なのかも。
私は側で見てる夫に言わせると考えすぎだそうです。
このブログでも垣間見えます。肩の力抜かないとな。

子供が大きくなってきて、躾が始まってくると
叱るのでなく感情をぶつけて怒ってしまうことが今多くて
ガミガミ言っては後悔して息子を抱いて謝ったり
夫と色々話し合ったり、毎日がめまぐるしく過ぎていきます。
なかなか上手くいきません。

昔、吉本ばななの短編小説で(確かキッチンに収録されてるもの)
親しい人が突然亡くなったと知った主人公が最初に考えたことが
『あの人に最後に会った時、私は笑っていただろうか』でした。
これ読んだ時、衝撃的で。
当時中学生だったけど、喧嘩したままで相手が死んじゃうなんて
生きてる方は一生後悔するよなと、当たり前のこと気づいた。

自分の死をイメージするなんて後ろ向きなこと滅多にしないですが
いつその時が来てもいいように、親しい人には
そして息子にはちゃんと毎日笑顔で接しようと。
最後の思い出が怒った顔じゃなぁ・・・なんて頭では考えています。
頭と心と体が、もう少し上手く連動してくれたらいいのにな。

週末は夫に息子任せて、一人で出かけてちょっとリフレッシュしてきます。

再レスで、すみません。
私からしてみればとっても楽観主義っぽく見習わないといけないと思っているのです。ここへ来ると元気な前向きな気分になれてとても嬉しいのです。
妊娠してからというもの毎日が不安ばかりで早産するのでは?体力無いから難産では?障害児かもしれない。なんてモンモンとしてるんです。旦那にそんな質問をしては「大丈夫だよ!」って言葉を貰いたくて何度も聞いてしまうのです。
イライラもしていてすぐ旦那に八つ当たりです。身の回りの世話を決行してもらっているのにいけません。まるでなってないです。いらっとしても話し出す時は1回考えて間をおいて口に出すようにしてます。
・・・それでもダメだったりしますが。。。

怒らないように八つ当たりしないように。旦那はなんで怒らないでいられるのか不思議でならないんです。私もちょっと真似てリフレッシュしようと思いました。

>void3987さん
大丈夫だよ~。
見ず知らずの人間が言っても無責任かもしれないけれど。

初産って不安だよ、誰でも。私も初期に内出血起こしてから
それ以後は非常に健康な妊婦だったけれど、外出が恐ろしくて
退職後ほぼ引きこもりでしたよ。毎日インターネットしてた(笑)
お腹が大きくなってくると内蔵が圧迫されて食べられなくて息苦しくて
胎動で夜も眠れないし。
自分の体の変化だけでも不安いっぱいなのに
更に見えないお腹の中に居る胎児のことを一生懸命気遣って
そりゃ不安にならないわけにはいかないんじゃないかと。
逆子だったら、へその緒巻いてたら、なんて悶々としてた記憶あります。

void3987さんみたいに、一生懸命考えて考えて
疑問や不安を解消するために一生懸命調べて知識蓄えて
ゆっくりと『お母さん』になっていくんじゃないかなって思います。

妊娠中は悪阻の苦しみから始まって
身の回りのことが満足に出来なくて、情けなくて申し訳なくて
私も本当にメソメソしていました。今もそうだけど、メソメソ。
臨月に出かけて、あまりの歩みの鈍さに
歩いてるハトに追い越されただけで泣いてた(笑)ハトに負けた!!って。

せめてテキストでは前向きな姿勢で気持ちを書き残して
バランスとってる感じです。読み返して「これでいいのかな、精一杯やったかな」
と客観的に考えてみたりしています。

焦らずに。
○○しなくちゃ、とか○○でないと、とか
自分で自分にプレッシャーかけなくていいのですよ。
ダラダラ出来るのも今のうち!
産まれたら忙しくて、自分が好きなこと全然出来なくなるから
今を楽しんでくださいな。

私はつい夫に手伝ってもらった時に「ごめんなさい」と言う癖があるんですが
『ありがとうと言いなさい』と叱られます(笑)
ごめんなさい、よりも、ありがとう、の方が前向きになれていいみたい。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://hibininpu.blog76.fc2.com/tb.php/410-837b1dae

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。