カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


現在の位置

日々育児。(旧「日々妊婦。」)
トップページへ移動

  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月 --日 (--)
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト日々育児。(旧「日々妊婦。」)
トップページへ移動

  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2007年07月 09日 (月)
  ├ カテゴリー
  |  └ [育児] 日々のキロク
  └ 自分へ。
by AlphaWolfy

最近の記事

カテゴリー

プロフィール

トモトモ

Author:トモトモ
性格:熱しやすく冷めやすい、面倒くさがり、無駄な気遣いで行動できなくなること多し。
持病:椎間板ヘルニア、偏頭痛。
体型:小太り。

息子情報:2007年5月6日生まれ(39週6日)、出生時の体重は3715g。両家にとって初孫なので生まれる前からジジババ大騒ぎ。夫に似てます。

記録のためにBlogをやってみてます。


●身元バレ防止のため多少フィクションを交えていますので、つじつまが合わない時は生温かく見守ってください。

●家計の足しになればとアフィリエイトも積極的に投下するので、結構ウザいブログになってます。たは。

本家(休眠中):HaniwaFactory
本Blog:HaniwaFactory[Blog版]
別荘:HaniwaFactory[楽天版]

産後の買い物は宅配で。

赤ちゃんが生まれたら、最低1ヶ月は原則外出できません。家事を少しでもラクにするため、便利な宅配オススメしときます。


▼コープネット
私はここの「コープとうきょう」の個人宅配利用中です。

【チョット解説】
妊娠中~1歳未満の子供がいる場合、1年間の赤ちゃん割引で配送料の割引制度が利用可能。また、現在のところ初めて契約した人は最初の6週間、配送にかかる全ての手数料無料なので気軽に試せます。
加入には生協の会員になるため、出資金1000円が必要ですが、このお金は生協を脱退すれば返ってきます。
生鮮食料品は品質が良い分、すこしだけ割高に感じますが、コープオリジナルの一般食料品は安いもの多し。子連れで買い物行って、米や洗剤など重いもの買うの一苦労だし。あと、意外にオムツが安いです。

▼パルシステム
牛マークのキャラクターが出てくるテレビCMで御馴染みです。

【チョット解説】
ネットで調べると「野菜が旨い」などの感想をよく見かける、1都7県(東京・千葉・神奈川・埼玉・茨城・群馬・山梨・福島、2007年4月現在)で展開している生協の宅配です。CMでも産直をウリにしています。
コープネットと比べると商品点数は少なめらしいですが、離乳食の材料となる商品が多く、赤ちゃんが生まれて利用開始する人が多いようです。
私は利用したことがないのですが、利用者の詳しい感想があったのでリンクしておきます。
■教えて!goo 妊娠中で、生協の利用を考えています(東京在住)

最近のコメント

トラックバックリスト

RSSフィード

Photoscope

banner

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分へ。

またヘドロが湧き出てきたので自分のために書き残しておきます。

人間って、幸せなことは忘れやすいけど、不幸なことや怖かったことは次にその危険を回避するために必要な情報として忘れないよう脳がプログラムされているらしい。不幸で切ない記憶が残りがちなのは、そういう風に出来ているからだそうだ。

母親が最初の男の子を流産してて、それを私達子供が小さいうちに話し、ついでに“子供は2人欲しかった”などと余計なことまで別の時に話しため、姉と喧嘩した時に「お兄ちゃんが生まれてたらお前なんかココに居なかったのに!!居なくなれ!!」なぞ、言われたことが1度ある。
お互い保育園児と小1だった頃の話なので姉に悪意はそれほどなかったはずだし、2つ下の妹が生まれたがために、その誕生1年前から親戚の家に預けられて「お姉ちゃんなんだから我慢しろ」と母親から理不尽なことを毎日言われ続けていた姉のストレスが故に出た言葉である。
でも、そんな記憶の上に、5~6年後に母親から「あんたなんか産まなきゃ良かった」と言われたことが上塗りされて、何かが胸の中で壊れた。そして時間をかけてボロボロと崩れていった。

普段は普通の家族だったはずだが、たった2度の出来事で、20代半ばまでこの言葉を引きずっていた。

(実際には、他にも色々あったが、長くなるので書かない。)

人に話しても『そんな昔の小さなことにいつまでこだわってるの?』と言われがちだったが、この足かせは重過ぎた。
簡単に『お母さんは大事にしなきゃ』とか『私のお母さんは一生懸命やってくれてたよ、きっと貴方のお母さんも同じだよ』と言う人とは、すぐに距離を置くようなスケールの小ささである。自分では、どうしようもなかった。他人の母子関係の全てが羨ましくて、それを感じる度に自分がもっとがんばらなかったからだと後悔するしかなかった。

どんな小さなことでも、子供の頭の中ではこうやって連鎖するし、子供の頃に存在否定される辛さは身に染みているつもりで居る。

独身時代は自分が子供を産むことに対して恐怖感があった。自分の母親しか知らないから、私も同じやり方でしか育児が出来ないんじゃないかと。だからこそ、自分で自分の面倒見れるように、一生結婚しなくてもなんとか生きていけるようにと1人で黙々と金稼いで生活していた。

夫と出会ったばかりの頃は、いつもそこに居てもいいのか不安で「邪魔じゃないか?」「ここに居てもいいのか?」「○○したいけど、迷惑じゃないか」と何につけても許可を貰わないと不安で仕方なかった。今でもこの癖は抜けてないのだが、その都度、夫は『好きにしていいんだよ』、『したいようにしたらいい、迷惑だなんて思うはずがなかろう』と笑う。やがてやっと自分の居場所がここにあると分かって「なるほど、自分がしたいようにしたらいいのね」と、当たり前のことに気づいた。

息子が産まれてからは、夫が息子を抱きながら「生まれてくれてありがとう」、「君が居るだけで幸せな気持ちになるよ」と言っている姿を見るたびに、自分も同じ気持ちで溢れ返っていることと、自分の母親も当時はこういう思いを持っていたはずだと思って、今はまだ心の底から悲しくなる。

母親の「生まれてくれてありがとう」という言葉は私の耳には全く届かなかった。

優しい母親だった時も、頑張っている母親だった時もあったはずだけれど、たった1度の『産まなきゃよかった』という言葉で、その全てが灰色になった。幸福だったはずの記憶でさえ、私の中では全てが虚像になった。

いつでも頭の片隅で「私がココに居るのは何かの間違いだったのだろう」と常に思って生きていた。

息子を育てるにあたっては強い信念を持っておかなければならないと思う。どんなに疲れていても、決して彼の存在を否定することのないように。どんな小さな一言でも、彼にとっては一生を左右する可能性がある。

日々の育児ストレスを上手に解消する方法を見に付けるのが、まず自分に一番必要なことだと思う。その次は、効率的な家事のやり方の模索。何があっても、息子に当たることのないように。子供の頃の自分を、息子を通してもう一度育て直してあげたい。ユルユルとした幸福感のなかで大きくなって欲しい。

足の小指は、半年に1回は家具にぶつけて痛くて泣きますが、痛みを知っていれば、それを回避する方法も思いつくし、二度と痛い思いしたくないからがんばれると信じています。
スポンサーサイト

コメント

子供を叱ってて 叱ってるのか 八つ当たりなのか わからなくなるときがあり 反省の日々です。母親であらねばならないのに 導くはずなのに ただの人として 自分のマイナス面が出てきてしまうのが わかります。子育ては私の人間として…を 本当に 問われている気がするのです。

親は完璧ではないのです。あくまで、人間であるのに。 トモトモさんに 親を理解 と 言う人は 逆にその人の人間性を疑ってしまう気がするのです。トモトモさんの今にいたる 経過 があったこその トモトモさんの発言なのに。
私は父に むなぐらを掴まれて投げ飛ばされたり 馬乗りになられたりという経験があります。そんな私は 教育者が書くような本を読み 本当の真実は 別にある。父は間違ってるのだと 泣きながら 本を読みました。
今は 許す 許さないではなく 父は そういう人でしか なかったのだ という 事実の確認と 調度その頃の精神状態が 全てを捨て 逃げようかと思った位 追い詰められてた事を知り 父には父の理由があったのだと 思いました。だからといって 父が正しかったとは 思いません。
そういう人であった、 それだけなのです。私が 正しい距離を持つ のが 正しいのだと 今はその道を選びました。
それに至るには 経過がある。のですから。

今までの経験があるからこそ、今の自分が居るって思うこと、とても大事なことだと思っています。
親も含めて、他人にどう言われようと自分が正しいと思ったことをやってればいい。自分自身までもが自分を否定する必要なんか無いし無意味なのだぞ、と言い聞かせながら。
私が求めていた理想の母親像を自分が実践できるか?と考えてみると、これとても難しいことです。母も、私も、完璧な人間ではないし、お互いに理想を押し付け合いすぎた結果が今ではないかと。
過去の時間を生きるよりも、今を生きる方が大変だけど楽しいぞ、と頭で分かっていてもそれを実践するまで、沢山の時間が必要でした。今でも後ろ髪引かれまくりですが(苦笑)
こーせ&ゆきとママさんに、「がんばったね」なんて簡単にコメントできるほど私は出来た人間じゃないのですが。。。うーん、上手く表現できん。この気持ち。こーせ&ゆきとママさんってとても魅力的な人なんだろうなと感じてます。沢山の言葉をありがとう。

くよくよしながら、生きたいように生きるぞー。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://hibininpu.blog76.fc2.com/tb.php/213-82a0c3e9

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。