カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


現在の位置

日々育児。(旧「日々妊婦。」)
トップページへ移動

  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月 --日 (--)
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト日々育児。(旧「日々妊婦。」)
トップページへ移動

  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2007年01月 11日 (木)
  ├ カテゴリー
  |  └ [妊婦] 病院のハナシ
  └ 妊婦と検診-なぜ私の検診費用が毎回8000円以上なのか?
by AlphaWolfy

最近の記事

カテゴリー

プロフィール

トモトモ

Author:トモトモ
性格:熱しやすく冷めやすい、面倒くさがり、無駄な気遣いで行動できなくなること多し。
持病:椎間板ヘルニア、偏頭痛。
体型:小太り。

息子情報:2007年5月6日生まれ(39週6日)、出生時の体重は3715g。両家にとって初孫なので生まれる前からジジババ大騒ぎ。夫に似てます。

記録のためにBlogをやってみてます。


●身元バレ防止のため多少フィクションを交えていますので、つじつまが合わない時は生温かく見守ってください。

●家計の足しになればとアフィリエイトも積極的に投下するので、結構ウザいブログになってます。たは。

本家(休眠中):HaniwaFactory
本Blog:HaniwaFactory[Blog版]
別荘:HaniwaFactory[楽天版]

産後の買い物は宅配で。

赤ちゃんが生まれたら、最低1ヶ月は原則外出できません。家事を少しでもラクにするため、便利な宅配オススメしときます。


▼コープネット
私はここの「コープとうきょう」の個人宅配利用中です。

【チョット解説】
妊娠中~1歳未満の子供がいる場合、1年間の赤ちゃん割引で配送料の割引制度が利用可能。また、現在のところ初めて契約した人は最初の6週間、配送にかかる全ての手数料無料なので気軽に試せます。
加入には生協の会員になるため、出資金1000円が必要ですが、このお金は生協を脱退すれば返ってきます。
生鮮食料品は品質が良い分、すこしだけ割高に感じますが、コープオリジナルの一般食料品は安いもの多し。子連れで買い物行って、米や洗剤など重いもの買うの一苦労だし。あと、意外にオムツが安いです。

▼パルシステム
牛マークのキャラクターが出てくるテレビCMで御馴染みです。

【チョット解説】
ネットで調べると「野菜が旨い」などの感想をよく見かける、1都7県(東京・千葉・神奈川・埼玉・茨城・群馬・山梨・福島、2007年4月現在)で展開している生協の宅配です。CMでも産直をウリにしています。
コープネットと比べると商品点数は少なめらしいですが、離乳食の材料となる商品が多く、赤ちゃんが生まれて利用開始する人が多いようです。
私は利用したことがないのですが、利用者の詳しい感想があったのでリンクしておきます。
■教えて!goo 妊娠中で、生協の利用を考えています(東京在住)

最近のコメント

トラックバックリスト

RSSフィード

Photoscope

banner

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妊婦と検診-なぜ私の検診費用が毎回8000円以上なのか?

どうも。23週3日の妊婦です。
前に、12月までにかかっている検診代をまとめて
『私ってば金かかりすぎてる』と泣き言を書いたわけだが。

↓興味があれば読め。
妊婦と検診-ていうか、本当にもう検診代が高すぎる件

※以下、あくまでも私が訪れた2つの病院の比較です。ただの素人考えで書いてます。検診代は場所によって本当にピンキリなのであくまでも参考程度に読んでください。

現在通う近所の産婦人科は出産設備はないので
34週には少し離れた総合病院へ転院の予定。
転院先での妊婦検診(血液検査なし)を11月に受けたが、
これがなんと3000円であった。
通ってる産婦人科(開業医)では8000円以上取られてる。

この違いは何なのか。
血液検査の無い場合の検診について、内容を整理してみる。

●近所の病院(開業医)でしてること
・検尿
・血圧(助産婦が測ってくれる)
・助産婦による体重、胴囲などの計測とむくみの有無などのチェック
・超音波での胎児確認(写真1枚と動画を2分程度ビデオ録画してくれる)
・医師の診察(相談Welcome状態。説明もゆっくり丁寧。)
・土曜日も診察している

●転院先の病院(総合病院)でしたこと
・検尿
・血圧(自分で自動の機械で測る)
・助産婦による体重、胴囲などの計測とむくみの有無などのチェック
・胎児の心音確認
・医師の診察(あまり時間をかけない)
・診察(妊婦検診)は平日午前中のみ

並べてみると一目瞭然である。
・土曜日やってる人件費
・毎回、超音波で診てくれる&画像と動画をくれる
これだけでも金額違いそう。

血液検査関係も、総合病院の場合は自分の施設内に
検査する場所があるはずだから安く済んでると思う。
通ってる産婦人科は外部の検査機関に出してるからなぁ。

別の記事としてUPしようと思っているが
先日、出産予定の総合病院の母親学級に行ってきた。
全2回で妊娠の仕組みや妊娠中の食事、呼吸法や設備の見学など
妊婦が集まって勉強する場である。
ここで、総合病院の産婦人科部長の話を聞いた。
『もちろん、毎回超音波で診ることが出来たらより安心ですが』
という前置きがあった後、この総合病院の場合
患者さん一人ひとりに時間をかけられない実情があって
超音波検査は原則として、妊娠中に全3回行うのみらしい。
まぁ、私の母親の時代は『超音波なんてやってもらわなかった、心音だけ』
ということなので問題はないだろう。
全3回の時期は24週前後、32週前後、36週前後。(画像はもらえません)
それぞれの時に別途、お金がかかる。

あ、そういえば。
今思い出したが、金額の概算をまとめたプリントを
両方の病院から貰っていたではないか!見てみよう・・・。
超音波検査の代金について、比べてみると

●近所の病院(開業医)の超音波検査代
12週まで-1回3,680円(画像のみもらえる)
12週以降-1回4,730円(画像&ビデオ録画してもらえる)

●転院先の病院(総合病院)の超音波検査代
1回3000円

開業医の検診代8,000円+α-総合病院の検診代3,000円=5,000円以上
これの大部分が超音波だったってことか。
血液検査やおりもの検査の代金も、想像通り総合病院の方が安い。

やはり検診費用の差って
・患者一人ひとりにかける時間と人件費(土曜の診療など)
・超音波の回数と付加サービス(画像だのエコーだの)
・病院設備と規模(患者が多い分、費用が安くなるスケールメリット的なもの)
ってことかしら。

以上、冷静に比較すると
『規模と内容が違うから金額も違う』ということで理解できた。

夫とこの辺を話していたが
「やっぱ毎回、超音波で診てもらったりビデオとか残った方が嬉しいや」
ってことになった。初めての妊娠だしね。
しかし2人目が出来た時、上の子だけは胎児時代の記録が沢山あるわけで
下の子に無いと可哀想だから・・・・2人目も検診代高めになるかな。
うお。がんばろう。お金貯めておこう。
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ピンキリですねぇ。。

>catstomato
書き込み有り難うございました。
検診代、ほんとに病院や地域によりけりみたいですねぇ。
もう運ですなぁ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://hibininpu.blog76.fc2.com/tb.php/113-1cacca08

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。