カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2010年07月 | 09月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


現在の位置

日々育児。(旧「日々妊婦。」)  トップページ
  └ 月別アーカイブ
        └ 2010年07月
by AlphaWolfy

最近の記事

カテゴリー

プロフィール

トモトモ

Author:トモトモ
性格:熱しやすく冷めやすい、面倒くさがり、無駄な気遣いで行動できなくなること多し。
持病:椎間板ヘルニア、偏頭痛。
体型:小太り。

息子情報:2007年5月6日生まれ(39週6日)、出生時の体重は3715g。両家にとって初孫なので生まれる前からジジババ大騒ぎ。夫に似てます。

記録のためにBlogをやってみてます。


●身元バレ防止のため多少フィクションを交えていますので、つじつまが合わない時は生温かく見守ってください。

●家計の足しになればとアフィリエイトも積極的に投下するので、結構ウザいブログになってます。たは。

本家(休眠中):HaniwaFactory
本Blog:HaniwaFactory[Blog版]
別荘:HaniwaFactory[楽天版]

産後の買い物は宅配で。

赤ちゃんが生まれたら、最低1ヶ月は原則外出できません。家事を少しでもラクにするため、便利な宅配オススメしときます。


▼コープネット
私はここの「コープとうきょう」の個人宅配利用中です。

【チョット解説】
妊娠中~1歳未満の子供がいる場合、1年間の赤ちゃん割引で配送料の割引制度が利用可能。また、現在のところ初めて契約した人は最初の6週間、配送にかかる全ての手数料無料なので気軽に試せます。
加入には生協の会員になるため、出資金1000円が必要ですが、このお金は生協を脱退すれば返ってきます。
生鮮食料品は品質が良い分、すこしだけ割高に感じますが、コープオリジナルの一般食料品は安いもの多し。子連れで買い物行って、米や洗剤など重いもの買うの一苦労だし。あと、意外にオムツが安いです。

▼パルシステム
牛マークのキャラクターが出てくるテレビCMで御馴染みです。

【チョット解説】
ネットで調べると「野菜が旨い」などの感想をよく見かける、1都7県(東京・千葉・神奈川・埼玉・茨城・群馬・山梨・福島、2007年4月現在)で展開している生協の宅配です。CMでも産直をウリにしています。
コープネットと比べると商品点数は少なめらしいですが、離乳食の材料となる商品が多く、赤ちゃんが生まれて利用開始する人が多いようです。
私は利用したことがないのですが、利用者の詳しい感想があったのでリンクしておきます。
■教えて!goo 妊娠中で、生協の利用を考えています(東京在住)

最近のコメント

トラックバックリスト

RSSフィード

Photoscope

banner

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新生児育児の暗黒面を描いた漫画「ぢごぷり」

漫画メモ。
赤んぼって、実はこんな存在だと声を大にしながらメモ。

中身読んでないけど紹介されてる画像見ると「あー、そーだったー」と納得。
初産で育児経験者の居ない環境での育児って、大体こんな感じ。
木尾士目の「恐い育児マンガ」 ぢごぷり1巻 - アキバBlog

ぢごぷり(1) (アフタヌーンKC)
ぢごぷり(1) (アフタヌーンKC)木尾 士目

おすすめ平均
starsリアルだけど、実際の育児はもっと地獄だと思います。
stars木尾士目に感服!
stars新たなる境地
stars重いッ!!!
starsあかんぼもお父さんもお母さんも生きものです。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ぢごぷり(2) (アフタヌーンKC)
ぢごぷり(2) (アフタヌーンKC)木尾 士目


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



出産てのは命がけで、運が悪ければ死ぬ作業。
それを終えて待っているのは、ノイローゼ→鬱病→自殺の道を辿る可能性のある
睡眠とれない、止まない鳴き声をBGMに続ける極限状態の作業。
完全母乳だと便が水状態だからよく漏れる、昼夜問わず2時間に一回は授乳。
一日に何度も洗濯しても追いつかず、子供の便が水なのでびゅーっと飛ばされて
自分の服も布団も便まみれなんてザラ。
日本の場合、産後1ヶ月は新生児外に出すなと指導されるので
手伝う人が居なければ家に缶詰。
女性ホルモン・甲状腺ホルモンのバランスがぐちゃぐちゃに崩れて
医学的にも身体がおかしくなりやすい(助産師談)。
親族や周囲の子育て経験者人から「○○はダメ、こうしなさい」とか
「私が子育てした時はこうだった」と激しいダメ出しを受けたりする。
乳首は切れて授乳の度に激痛で、たまに乳腺炎になって39度の熱で
フラフラしながら子供の世話。

泣き言ばっかり書くなと怒られそうだが
実際、子供が2歳になるより前の記憶が曖昧だ。

新生時期なんてろくに覚えてない。
ブログの記述や写真・ビデオを見てよく驚く。
ああ、こんなに可愛かったのかーと。

産んですぐなんて子供が心の底から「かわいい」と思えた記憶が無い。
「死なせないように育てなければ」という義務感で全てが支配されていた。

ここで『私の育児は大変だった!』と主張してもどうなるわけでもないし
誰かからの賞賛や慰めを受けたいわけではない。

義実家遠方、夫は激務で毎日終電帰り
実母親がBPD気味の毒で手伝うと言いながら精神攻撃しかしてこない
住んでる場所は地元でなくフルタイムで働いてたので知り合いも皆無
という環境で、里帰り無くほぼ1人で育てて
産前産後も『大変だった』『疲れてた』以外が浮かんでこない。

もっと自分が頑張れば、この子は泣かなくなるはずだ
もっと自分が頑張れば、この子はよく寝るはずだ
もっと自分が頑張れば、育児は他の人みたいに楽しくなるはずだ
もっと自分が頑張れば、この子をかわいいと思えるはずだ
もっと自分が頑張れば、『ママ友』やらも出来るはずだ
もっと自分が頑張れば、もっと自分が頑張れば。

何をやっても自分を否定して「もっともっと」と
ありもしない理想を求めているだけだった。

育児雑誌に画像と共に掲載されている、理想の育児の数々と
今そこにある現実とのギャップに毎日苦しみが生まれて蓄積されていった。

話し相手も無くいつも子供と2人だったから
ここで文章化して自分で自分を評価して
あの頃の自分を「がんばったんだよ」と思い出してやることで
やっと前に進める気がする。

一通り終えると、細かいことがどうでも良くなっている
以前よりも少し強靭な精神を自分の中に感じることとなる、か?

子供の性格にもよるけれど
よく泣いて、あまり寝ないタイプの新生児はしんどいよ。

1人目がこうだったから2人目はなんとかなるだろうか、と楽観したり
2人目なんてこっちも年取って体力落ちてるから更に大変だったらどうしようと悲観したり
将来の家族計画に対して一喜一憂しがちだ。
別問題で経済的な負担のこともありますし。

ふとこのエントリをまた思い出す。
誰でもわかる育児ストレスガイド- なんでかフラメンコ

生む前から自己否定的な性格だったためか
子供を持つ前に暗黒面を知っておかなきゃと
虐待に関する本も何冊か読んだけど、実際の育児は実に過酷だった。

子供産む前に色々な覚悟を決めるべきだ、と思うので
こんな育児暗黒面漫画があっても良いと思うのです。

妊娠中にドリーム全開になればなるほど育児の現実が受け入れられなくて
精神病む人って結構多いと思うのですよ。

産後の母親は狂いやすい

と、私は考えている。だからまぁ、気をつけてと言いたい。

今、子供を産んでみて
「子供がかわいいと思えない、育児が大変としか思えない、他の人は楽しそうなのに」
と思う人は、それはそれで普通だからと言いたい。
育てやすい子、育て難い子、育てやすい環境、大変な環境、貴方の性格
育児は100人居れば100通りだ。
人と同じにしても上手くいった試しがない。

心が病んだら、カウンセリングを受けるべき。
「あんたが頑張らないから」と否定と精神攻撃してくる助産師や保健婦や保育士も
残念ながら存在するので、相談する人を選ぶといい。
「相談」の看板を掲げていても、あなたはこうしなさい、ああしなさいと
話を聞かずに「指導」だけをする場所もあるので、合わない所には行かない方が良い。

貴方の声を、全て聞いてくれる人。
頷いて「がんばったね」とただただ労ってくれる人。
子育てに詳しい臨床心理士を保健センターなどで紹介してもらうのが一番良い。
託児したり子連れでOKの「育児相談」という名のカウンセリングが
ある所にはある。

貴方に足りないのは「いたわり、寄り添う気持ち」だ。
自分で自分を評価できなくなり迷宮に迷い込む前に
安心できる人に吐き出すべきだ。

今を乗り越えて先にあるのは、少し強くなった自分だ。
いきなり現れた「子供」という存在に強く戸惑っているだけだ。

と、あの頃の自分に合ったら話してやりたい。

母性は湧いて出るものではない。
母性だって子供と同じで、育てて成長していく存在だと思う。
「母親だから」「母親なのに」で産んで1年にも満たない人の抱える問題の全てを
片付けようとするのは実に乱暴な話だよナァ。
スポンサーサイト

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。