カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2009年11月 | 12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


現在の位置

日々育児。(旧「日々妊婦。」)  トップページ
  └ 月別アーカイブ
        └ 2009年11月
by AlphaWolfy

最近の記事

カテゴリー

プロフィール

トモトモ

Author:トモトモ
性格:熱しやすく冷めやすい、面倒くさがり、無駄な気遣いで行動できなくなること多し。
持病:椎間板ヘルニア、偏頭痛。
体型:小太り。

息子情報:2007年5月6日生まれ(39週6日)、出生時の体重は3715g。両家にとって初孫なので生まれる前からジジババ大騒ぎ。夫に似てます。

記録のためにBlogをやってみてます。


●身元バレ防止のため多少フィクションを交えていますので、つじつまが合わない時は生温かく見守ってください。

●家計の足しになればとアフィリエイトも積極的に投下するので、結構ウザいブログになってます。たは。

本家(休眠中):HaniwaFactory
本Blog:HaniwaFactory[Blog版]
別荘:HaniwaFactory[楽天版]

産後の買い物は宅配で。

赤ちゃんが生まれたら、最低1ヶ月は原則外出できません。家事を少しでもラクにするため、便利な宅配オススメしときます。


▼コープネット
私はここの「コープとうきょう」の個人宅配利用中です。

【チョット解説】
妊娠中~1歳未満の子供がいる場合、1年間の赤ちゃん割引で配送料の割引制度が利用可能。また、現在のところ初めて契約した人は最初の6週間、配送にかかる全ての手数料無料なので気軽に試せます。
加入には生協の会員になるため、出資金1000円が必要ですが、このお金は生協を脱退すれば返ってきます。
生鮮食料品は品質が良い分、すこしだけ割高に感じますが、コープオリジナルの一般食料品は安いもの多し。子連れで買い物行って、米や洗剤など重いもの買うの一苦労だし。あと、意外にオムツが安いです。

▼パルシステム
牛マークのキャラクターが出てくるテレビCMで御馴染みです。

【チョット解説】
ネットで調べると「野菜が旨い」などの感想をよく見かける、1都7県(東京・千葉・神奈川・埼玉・茨城・群馬・山梨・福島、2007年4月現在)で展開している生協の宅配です。CMでも産直をウリにしています。
コープネットと比べると商品点数は少なめらしいですが、離乳食の材料となる商品が多く、赤ちゃんが生まれて利用開始する人が多いようです。
私は利用したことがないのですが、利用者の詳しい感想があったのでリンクしておきます。
■教えて!goo 妊娠中で、生協の利用を考えています(東京在住)

最近のコメント

トラックバックリスト

RSSフィード

Photoscope

banner

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「増田」と「はてな」で、子育てのリアルを感じる

「はてなブックマーク」で猛烈な反響があった文章。
1~2歳児を育てている人は、胸に響くものがあるかもしれない。

子供と二人で毎日過ごしてた時

自分の事かと思った。
同時に、レスしてる他の増田とか、はてなブックマークのコメントとかで
自分と同じような人が山のように居るってことは衝撃だった。知らなかった。
リアルで人に話すような内容じゃないしね、重すぎるし。
同じ道を歩んで親になっていくんだなぁ。

そいで、このエントリを知るきっかけになった
いつも読んでる「なんでかフラメンコ」の方の記事が相変わらず冴えてて
目玉飛び出して落としそうになった。

「[日常]誰でもわかる育児ストレスガイド」 2009-10-24 - なんでかフラメンコ#p1

これは『育児ストレス』という未知の物体を
育児の経験が無い人が理解出来るように簡潔にまとめた文章なんだけど
目下このストレスに晒されている人間として、頷く以外出来ず
あまりに見事で言葉も出ない。
そのとおり。おっしゃるとおり。

今日も息子と公園言行って、仲良しのお友達と遊んでいたら
猛烈に興奮しちゃって調子に乗ってそこらじゅうを注意散漫のまま走り回って
階段の上から転がり落ちてきたのを真後ろで受け止めたり
滑り台滑ってる途中で落ちそうになるのを引っ張って受け止めたり
未熟な体×やりたいざかりの精神力で暴走しっぱなしなのを
フォローするのでクタクタ。

体格が4歳児くらいあるので走るの速いし力も強くて
四六時中、息子の半径1mの位置で追いかけて、2時間フルで走り回る。

息子について走り回ってウッカリ自分が尻持ちついて
持病の腰痛が酷い状態になって大学病院に通ったのは最近の話。
久々に撮ったよMRI。もう痛みは治った、よかった。

よく遊ぶお友達は3歳児なのだけれども、息子よりも落ち着いて遊んでいて
会う度に、半年後はあんな感じかなと1つの目標というか
今の状況から脱した先のゴール地点のように見えている。

が、やはりそのお友達も
『こないだ何も無いところで突然転んでね。頭の着地点に道路の縁石があって角に頭ぶつけて、軽くだったから良かったけど、運悪かったら大変なことになってたかも。』
と、危険と隣り合わせの日常は続いている
ってな話を、お友達のお母さんと今日してきたばかりだ。

息子も何も無い場所で突然転んだり、突然走り出したりよくあるので
私は歩道やら階段やら外を歩く時は絶対に手を離さない。
息子には申し訳ないけど一人で走ってもいい場所といけない場所を分けている。

『すぐ死のうとする』

とても乱暴な表現だけど、的を得ている。
私は何度、息子の命救っただろう。

つい半年前では砂場に行くと、一瞬の隙をついて
「ばー!」と効果音言いながら上に向かって砂投げて
頭から砂をかぶり顔に砂浴びて眼に大量の砂を入れて
毎回失明の危機だった。

児童センターで子持ちベテラン保育士に相談したら
『あ~、うちの子もそうだったわ~。毎回眼科行くのが一番よね~。綺麗な水を持ちあるいて眼洗ったりしてたわー。最初は仕方ないのよねー。』

砂場で遊んでいる子供が皆、あの失明の危機を乗り越えて
見事に上手に遊ぶスキルを手に入れてるのか。
ハードル高いな砂遊び、と思った自分。

砂場行くとまず『ガラス片やプラスチック片はないか』と
そこらじゅう見て息子と一緒に遊びつつ
それとなく周囲掘ってみたりする癖がついた。
危険な砂場の公園には近づかないようになった。
ネコのウンコでいっぱいの公園ある。

人気の無い時間帯に比較的綺麗な砂場で
『頭から砂かぶると病院行かなきゃ』
『砂だらけの手で顔を触ったら病院行かなきゃ』
と30秒に1回言い続け
(息子は病院が大嫌いなので最大級の脅し)
やっと最近は眼に砂が入らなくなった。

過保護なタイプの親かもしれないけれど
息子が死ぬの嫌なのでがんばる。
後遺症の残る怪我などして欲しくないと思うのでがんばる。
けれど24時間息子のSPみたいな状態で2年6ヶ月も過ごしてると
よく「ウヘェァ」って叫ぶこともあるよ。

「子供が死にやすい存在」てのは
一緒に過ごす時間が長い人でないと感じないのかもしれない。
性格的な要因だってあるだろう。
夫とはその辺の価値観が合わなくて、よく話し合いになる。
私が心配しすぎで、夫が楽観しすぎ。
そのおかげで、結果釣り合いがとれているんだけどね。

子供が死なないように常に気を配っている。

「24」のジャック・バウアーみたいなものか。
常に危機。

それに勝る充実感と幸福感はあるのは確かだけれど
育児は楽しいものか、辛いものかの2択だったら
私は「辛いもの」と即答する。
これは子供を持つ以前から変わらないから
辛いの前提で色々考えてるから、今までなんとかなったのか
とか思うときもある。

子供!かわいい!素敵!と夢ばっかり描いてると
現実とのギャップで簡単に壊れると思う。
実母がこのタイプだったのかは知らんが
『お前のせいで私は不幸』と散々言われて育ったので
現実しか見ない嫌な感じの大人になっちゃったから
そう考えるんだろうけど。

育児に本気で取り組むと世界観が確実に変わる。
良い方向か悪い方向かは分からんが。

年子や双子を育ててる人って、凄いと思うよ。
特に年子の人は「辛いことは一気に済ませちゃおう」って人多くて
メンタル強いなって尊敬する。

---------------------

ついでに思い出したから書いちゃうけど
里帰りしないと決めたら『産後は手伝いに行く』と
正直望んでいないのに勝手に張り切っていた実母が
息子が生後間もない頃にウチに来た時。

ミルク飲んだ後ににゲップ出るまで抱いてるから、貴方は休みなさいと
ソファーに座って息子を抱いたまではいいんだけど
抱いたまま寝たんだよね、実母。

眼閉じて軽く船漕ぎ出して
大声で『寝るなら抱かないで』と言えば

「寝てない」
「抱いてるから貴方は休め」

で、また寝る。横で一緒に来てて見てた父が「おい、寝るな。危ない。」
と言ってもまた

「寝てない」
「抱いてるから貴方は休め」

腕の力が抜けたら息子は床に落下して、死ぬかもしれない。
ブチキレて私がすぐ息子を抱いた。

ウチは部屋の中に段差があるので、常に足元に気を配っていて
それも伝えて「足元気をつけて」と何度も言っていたが
息子を抱いたまま、実母は見事に転んだ。
転んだ先が布団だったので大丈夫だったが本当に恐ろしかった。
「こんな段差のある家住み難い」
「私は膝が悪くて歩くのが大変だ」
と、その場面で言うことか?と思うこと色々言ってた。
それ以後、何を言われても絶対に抱いて歩かせないようにした。

ああ、この人に息子任せたら息子が死ぬと。
私が頼るべき場所は実家じゃないと、
この頃に心の中のメーターが振り切れた。限界値を越えた。
実母が居ると安心するどころか危険が増えて疲れるだけだった。
この選択は全く後悔していない。
あの時に息子を危険に晒してしまったという思いも
今の危機感大きい日常に影響しているのかもしれない。

他にもまぁ色々あって、実母にはすぐに来てもらうのを辞めた。
この人に対してはもっともっと色々とあって接触を極力避けている現状なのだが
「息子君へのプレゼント」と言って、なぜか笛ばっかりウチに送ってくる。
ものすっごい思い込みが激しくて、息子は笛が大好きと思い込んでいて
何を説明しても
『赤ちゃんの頃に私が口笛吹いたら笑ったからこの子は絶対に笛が好き』
と主張しつづけている。へ~~~そ~~なんだ~~~~~ふ~~~~ん。

1~2歳児に、口に咥える細長い笛って
心の底から『殺す気なのかな』って思うんだけれど
歯ブラシでさえ凶器になりかねないような年齢なんだけれど
育児においての危機感が無い人には想像できないことかと諦めるしかない。

---------------------

と、考え出したら愚痴しか出てこない
まさに育児ストレス。明日はボーっとしよう。
スポンサーサイト

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。