カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2007年06月 | 07月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


現在の位置

日々育児。(旧「日々妊婦。」)  トップページ
  └ 月別アーカイブ
        └ 2007年06月
by AlphaWolfy

最近の記事

カテゴリー

プロフィール

トモトモ

Author:トモトモ
性格:熱しやすく冷めやすい、面倒くさがり、無駄な気遣いで行動できなくなること多し。
持病:椎間板ヘルニア、偏頭痛。
体型:小太り。

息子情報:2007年5月6日生まれ(39週6日)、出生時の体重は3715g。両家にとって初孫なので生まれる前からジジババ大騒ぎ。夫に似てます。

記録のためにBlogをやってみてます。


●身元バレ防止のため多少フィクションを交えていますので、つじつまが合わない時は生温かく見守ってください。

●家計の足しになればとアフィリエイトも積極的に投下するので、結構ウザいブログになってます。たは。

本家(休眠中):HaniwaFactory
本Blog:HaniwaFactory[Blog版]
別荘:HaniwaFactory[楽天版]

産後の買い物は宅配で。

赤ちゃんが生まれたら、最低1ヶ月は原則外出できません。家事を少しでもラクにするため、便利な宅配オススメしときます。


▼コープネット
私はここの「コープとうきょう」の個人宅配利用中です。

【チョット解説】
妊娠中~1歳未満の子供がいる場合、1年間の赤ちゃん割引で配送料の割引制度が利用可能。また、現在のところ初めて契約した人は最初の6週間、配送にかかる全ての手数料無料なので気軽に試せます。
加入には生協の会員になるため、出資金1000円が必要ですが、このお金は生協を脱退すれば返ってきます。
生鮮食料品は品質が良い分、すこしだけ割高に感じますが、コープオリジナルの一般食料品は安いもの多し。子連れで買い物行って、米や洗剤など重いもの買うの一苦労だし。あと、意外にオムツが安いです。

▼パルシステム
牛マークのキャラクターが出てくるテレビCMで御馴染みです。

【チョット解説】
ネットで調べると「野菜が旨い」などの感想をよく見かける、1都7県(東京・千葉・神奈川・埼玉・茨城・群馬・山梨・福島、2007年4月現在)で展開している生協の宅配です。CMでも産直をウリにしています。
コープネットと比べると商品点数は少なめらしいですが、離乳食の材料となる商品が多く、赤ちゃんが生まれて利用開始する人が多いようです。
私は利用したことがないのですが、利用者の詳しい感想があったのでリンクしておきます。
■教えて!goo 妊娠中で、生協の利用を考えています(東京在住)

最近のコメント

トラックバックリスト

RSSフィード

Photoscope

banner

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

泣いてる赤ちゃんを泣き止ませる方法は?-魔法のスイッチ本&レジ袋のガサガサ音&スリング

息子、生後35日。

『赤ちゃんは泣くのが仕事よ』
『泣かない方が怖いのよ、泣いてることは元気な証拠』

なんて台詞で慰められることがほとんどだが
生後1ヶ月くらい、初めての出産でまだ育児に全然慣れない上に
極度の寝不足と産後鬱と苦労が多い新米母にとって
『泣き止まない赤ちゃん』
てのは、時にどうしてもストレスになる。
これは仕方ないと思う。

私も数回、イライラして困ったことがあった。
家には息子と私の2人だけという状況が、余計にイライラを増幅させる。
イライラするのは『自分が至らないから』と責めがちになるから。
それなのに「泣いてて可哀想」とか言う人間が周囲に居たりすると
はっきりいって死にたくなる。(死なないけど)

新米母に「赤ちゃんが可哀想」なんて言葉、絶対に言ったらいけない。
そんなこと言われたお母さんが一番可哀想である。
24時間必死なのに。

私も、息子と一緒に何度も泣いたし(今でもたまに泣くし)
1日中ほぼ無言のままで息子の世話をした日もある。
息子が泣いてる時、ダッコしたら落ち着く。
でも1日中ダッコする余裕はない。

全てが上手く行かなかった日。
前日から全然寝てなくて
掃除してないからグチャグチャになっている部屋の中で
髪の毛を櫛でとかす余裕さえもない。
場合によっては1時間に3回、暴れる息子を押さえながら
オムツを替えているが(尻かぶれ易いので)最中にオシッコされて
そこらじゅうに尿が飛び散るので(男子は飛びます)
服を着替えさせ。タオルなど濡れたものを洗濯。大急ぎで干す。
やっと息子が寝た(まとめて寝ても2~3時間)ので
一緒に寝ようと横になったら、自分が寝入った30分後くらいに
タイミング悪く電話がなったり宅急便が届いて起こされる。
睡眠不足と、首を自由に動かせないほどの肩こりのため
偏頭痛で四六時中吐き気がするが、母乳に影響がありそうなので
手持ちの市販の鎮痛剤は飲めない。
(※その後、病院で鎮痛剤は処方してもらったよ。頭痛持ちの人は必須。)
朝から食事を摂る時間もなく、授乳しながら片手でバナナをかじり
ボロボロの状態で息子ダッコしてたら、落しそうになった。
無理。

たまたま、夫のお祖母ちゃん(曾孫も数人いる育児ベテラン)に
電話もらった時に「布団に寝かせると暴れて泣く」と話したら
『抱き癖ねぇ。そういうときは、ちょっと放っておけばいいのよ、付き合ってたらお母さん何も出来なくなるでしょ。』
と。

最近の育児では“抱き癖”という言葉は使わず、どんな育児書を見ても
『赤ちゃんが要求する時は、出来る限りダッコしてあげましょう』
と書いてある。が、これって母と子の2人だけだと無理。
子供の要求に全て応えられる時間と体力が、私は無かった。

自分達の世代が赤ちゃんだった頃は
“抱き癖”論が主流で、泣いても抱かない育児がスタンダード。
それでも皆ちゃんと育ってんだから。

夫にも話聞いてもらって相談しながら
肩のチカラ抜いて、母親だけががんばるのでなく
この際、子供にもがんばってもらおう
ということにした。

そう切り替えて、3週間目あたりから
オムツ・おっぱい・喉の渇き・部屋の温度など、
思いつく不満要素が満たされた状態で泣いてる時は
少し泣いててもらって、その間に家事を手早く片付けたり
少しだけ横になって休むことにした。

やりたいことを最低限片付けたり
10分でも休んでから息子に向き合うと
心の余裕が全然違う。

やがて「泣き止ませる方法を調べてみようかな」という
前向きな気持ちになってきた。

前置きが超長くなったが
参考になった本とレジ袋、スリングの話。

■「ピタリ泣き止む魔法のスイッチ」という本
何をやっても泣き止まない状況を医学的に
「コリック」と呼ぶのをこの本で知りました。
赤ちゃんをを泣き止ませるための方法を
具体的に分かりやすく書いてある、アメリカの小児科医が書いた本。
先輩ママのサンゴさんから譲って頂きました。
赤ちゃんがピタリ泣きやむ魔法のスイッチ
まだ時間がなくて、最初の20ページくらいしか読んで無いんだけど
『泣き止まないのはお母さんのせいじゃないよ』
ということが説得力ある内容で書いてあるので
そこを読むだけでもかなり気持ちが落ち着きました。
自分を責めがちになる人にはいいかも。

赤ちゃんが子宮に居た頃の環境を踏まえて
安心させる5つの方法が事例を含めてまとまっている内容。
育児が始まると本読む暇が全然ないんで(←経験談)
この本は出産前に読んでおけばよかったかなぁ、なんて思います。

この本があれば絶対泣き止む、という保証はもちろんないけど
初めて接する“赤ちゃん”という未知の生物の生態を知っておけば
心に余裕が持てるはず。

初産婦となる妊婦さんにはオススメしたいし
周囲に出産予定の人がいるなら1600円と手頃な価格だし
この本を早めの出産祝いとしてプレゼントにしてもいいと思う。

■レジ袋のガサガサという音で、マジで息子が泣き止んだ話
騙されたと思ってやってみたら、ピタっと泣き止んだので
驚き通り越して笑った。面白いので息子が泣いたら毎回試してる。
この話を発見したのはこのサイト。
赤ちゃんとはじめてのお出かけ - gooベビー
1ヶ月検診で初外出する前に、ネットでその心得を調べてて発見。
下のほうにある『クチコミお出かけおすすめGOODS』に
スーパーの袋と書いてある。

赤ちゃんの耳元で、スーパーのレジ袋を揉んで
ガサガサと音を立てると、泣き止んでその音をじーっと聞くのである。
この音、胎児だった頃に子宮内で聞いていた音と
同じ周波数だという説だそうだ。

息子で試したら、ホントにピタっと動きが止まった。すげー。
ただし、ガサガサ音が止むと途端にまた泣き出します。
一時的に泣き声を止めて落ち着かせる効果はあり。

レジ袋の活用法としては
家に夫と2人居て、息子が激しくご機嫌斜めで大暴れしてる最中に
ウンチのオムツを取替えなきゃならない時に
(オムツかぶれし易いので、出たら速攻替えてあげなきゃならん)
1人はオムツ替え、1人はレジ袋を耳元でガサガサと
分担すると落ち着いてオムツ替えられます。
息子、脚力が強くてオムツ蹴飛ばして足がウンチまみれになるので
レジ袋でかなり助かってます。

■スリング
スリングは中に入れるとピタっと泣き止んで寝ちゃう。

・・・しかし。
私と息子にとって、スリングは非常に難しい代物なのである、
現在のところ。

先輩ママのサンゴさんに「スリングはじめてBOOK」という本も貰って
(ありがとうございました)本の写真を参考に
鏡で確認しながらスリング練習しているが
息子は脚力が強くて、中に入れる時に足を伸ばして抵抗するし
中でも最初は暴れて、なかなか大人しく入ってくれない。
上手に入ってくれたら非常に落ち着いてくれらラクなんだけど
まだ3回に1回くらいしか上手に使えない。
こりゃ練習だなぁ。
↓この本はとても分かりやすくて良いです。
スリングはじめてBOOK―赤ちゃんをゴキゲンにする魔法の抱っこひも

他にも色々、泣き止ませる裏技があるようなので
「泣いたら試して実験してみるぞ」くらいの心構えで
暴れて泣いてる息子に向き合っていこうと思う。
それなりに楽しいよ。もちろんたまにはシンドイけどね。

毎日が実験。
スポンサーサイト

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。