カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2007年05月 | 06月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


現在の位置

日々育児。(旧「日々妊婦。」)  トップページ
  └ 月別アーカイブ
        └ 2007年05月
by AlphaWolfy

最近の記事

カテゴリー

プロフィール

トモトモ

Author:トモトモ
性格:熱しやすく冷めやすい、面倒くさがり、無駄な気遣いで行動できなくなること多し。
持病:椎間板ヘルニア、偏頭痛。
体型:小太り。

息子情報:2007年5月6日生まれ(39週6日)、出生時の体重は3715g。両家にとって初孫なので生まれる前からジジババ大騒ぎ。夫に似てます。

記録のためにBlogをやってみてます。


●身元バレ防止のため多少フィクションを交えていますので、つじつまが合わない時は生温かく見守ってください。

●家計の足しになればとアフィリエイトも積極的に投下するので、結構ウザいブログになってます。たは。

本家(休眠中):HaniwaFactory
本Blog:HaniwaFactory[Blog版]
別荘:HaniwaFactory[楽天版]

産後の買い物は宅配で。

赤ちゃんが生まれたら、最低1ヶ月は原則外出できません。家事を少しでもラクにするため、便利な宅配オススメしときます。


▼コープネット
私はここの「コープとうきょう」の個人宅配利用中です。

【チョット解説】
妊娠中~1歳未満の子供がいる場合、1年間の赤ちゃん割引で配送料の割引制度が利用可能。また、現在のところ初めて契約した人は最初の6週間、配送にかかる全ての手数料無料なので気軽に試せます。
加入には生協の会員になるため、出資金1000円が必要ですが、このお金は生協を脱退すれば返ってきます。
生鮮食料品は品質が良い分、すこしだけ割高に感じますが、コープオリジナルの一般食料品は安いもの多し。子連れで買い物行って、米や洗剤など重いもの買うの一苦労だし。あと、意外にオムツが安いです。

▼パルシステム
牛マークのキャラクターが出てくるテレビCMで御馴染みです。

【チョット解説】
ネットで調べると「野菜が旨い」などの感想をよく見かける、1都7県(東京・千葉・神奈川・埼玉・茨城・群馬・山梨・福島、2007年4月現在)で展開している生協の宅配です。CMでも産直をウリにしています。
コープネットと比べると商品点数は少なめらしいですが、離乳食の材料となる商品が多く、赤ちゃんが生まれて利用開始する人が多いようです。
私は利用したことがないのですが、利用者の詳しい感想があったのでリンクしておきます。
■教えて!goo 妊娠中で、生協の利用を考えています(東京在住)

最近のコメント

トラックバックリスト

RSSフィード

Photoscope

banner

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生後20日

全然時間なくて、暇があったら睡眠取らないと
体がもたない日々が続いておりますけれども。

里帰りせずに、なんとか日々を過ごしています。
結構なんとかなるもので、夫の弁当も週3~4回は用意できている。
毎日洗濯を1回して、たまにレトルト使いながら食事も用意して食えている。
でも、毎日が必死です。

時間があれば、母乳のことや母乳のことや、母乳のこととか
とにかく母乳育児について知ったことが山のようにあるので
ここにどんどん愚痴も含めて書いていきたいとこなのだが。

そんな時間があれば寝ないと無理。死ぬ。

3時間まとめて眠れたらラッキー。
2~3時間おきにオムツ替えて乳あげて抱っこして。

昼間にテレビ朝日で「暴れん坊将軍」の再放送してるから
息子抱っこしながら「ほら、松平健だよ!かっこいいね!」
と言い聞かせているが、テレビなんか見ちゃいなくて
息子はオッパイ探して口をハムハムさせながら
私のTシャツにヨダレをしみこませている毎日である。

そうそう、乳首切れてんのよ。

入院中から切れてんで、退院後は
ネットでメデラ社のピュアレーン100という
乳首に使える軟膏買って塗って、あまりにも痛い時には
直接授乳しないで搾乳したものを哺乳瓶であげたり
乳首保護器であげてみたり、ミルクあげたり。

なんで泣くのか分からず途方に暮れる時もあるけど
少しづつ私も息子も、そして夫もこの生活に慣れてきている。


『里帰りをしない』ということで、妊娠中から入院中にかけて
それを知る人は皆口々に

「大丈夫なの?」
「帰れば?」
「手伝い頼めるの?」

という言葉ばかりだった。

ところで、出産した人は自治体の制度で
保健センター(=保健所)の助産師が定期的に家庭訪問して
赤ちゃんの体重を量って色々と相談乗ってくれたりしてくれる。
先週ウチにも助産師さんが来てくれた。

随分とおしゃべりな女性であった。
母乳のこととか色々と相談に乗ってもらったが
この人がこう言った。

「里帰りしないで、ここまでやれてるのって凄いよ。偉いね。ママも赤ちゃんもがんばってるね。凄いことだよ。」

産後、この生活を選んだことを
初めて褒められた。
心配されることなく、ただただ褒められた。
そして「貴方なら大丈夫。今のままがんばって。」と。

心の底から嬉しくて、夫が帰宅してから
その話をしていたら自然にぽろぽろと泣けてきた。

嬉しかったんだもん。

保健センターの助産師さん、男の子2人の子持ちで
1人目の出産時にはいわゆる“母乳神話”に翻弄されて
乳首が切れて苦しんで苦しんで、その結果母乳が出なくなった人だった。
ついでに『あたし助産師だから大丈夫~』と、里帰りせず
手伝いも断って初産を迎えたらとんでもなく大変で
それでもプライドが邪魔して人に頼れずに散々な目にあった
なんて経験の持ち主だった。

そういった経験の上で、貴重なアドバイスを色々もらえた。

ああ、息子が生まれてから今日までにあった出来事で
書き残しておきたいことが山のようにある。
ここに書けるのいつかな。1年後くらいかな(苦笑)。
それまでに私の記憶容量がもつかどうか。

今はとにかく、毎日を乗りきることが目標である。
生後20日で息子はぐんぐん大きくなっている。
ビックリするね、この成長力。赤ちゃんてすごいよ。

家族3人、必死に生きています。
スポンサーサイト

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。