カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2007年05月 | 06月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


現在の位置

日々育児。(旧「日々妊婦。」)  トップページ
  └ 月別アーカイブ
        └ 2007年05月
by AlphaWolfy

最近の記事

カテゴリー

プロフィール

トモトモ

Author:トモトモ
性格:熱しやすく冷めやすい、面倒くさがり、無駄な気遣いで行動できなくなること多し。
持病:椎間板ヘルニア、偏頭痛。
体型:小太り。

息子情報:2007年5月6日生まれ(39週6日)、出生時の体重は3715g。両家にとって初孫なので生まれる前からジジババ大騒ぎ。夫に似てます。

記録のためにBlogをやってみてます。


●身元バレ防止のため多少フィクションを交えていますので、つじつまが合わない時は生温かく見守ってください。

●家計の足しになればとアフィリエイトも積極的に投下するので、結構ウザいブログになってます。たは。

本家(休眠中):HaniwaFactory
本Blog:HaniwaFactory[Blog版]
別荘:HaniwaFactory[楽天版]

産後の買い物は宅配で。

赤ちゃんが生まれたら、最低1ヶ月は原則外出できません。家事を少しでもラクにするため、便利な宅配オススメしときます。


▼コープネット
私はここの「コープとうきょう」の個人宅配利用中です。

【チョット解説】
妊娠中~1歳未満の子供がいる場合、1年間の赤ちゃん割引で配送料の割引制度が利用可能。また、現在のところ初めて契約した人は最初の6週間、配送にかかる全ての手数料無料なので気軽に試せます。
加入には生協の会員になるため、出資金1000円が必要ですが、このお金は生協を脱退すれば返ってきます。
生鮮食料品は品質が良い分、すこしだけ割高に感じますが、コープオリジナルの一般食料品は安いもの多し。子連れで買い物行って、米や洗剤など重いもの買うの一苦労だし。あと、意外にオムツが安いです。

▼パルシステム
牛マークのキャラクターが出てくるテレビCMで御馴染みです。

【チョット解説】
ネットで調べると「野菜が旨い」などの感想をよく見かける、1都7県(東京・千葉・神奈川・埼玉・茨城・群馬・山梨・福島、2007年4月現在)で展開している生協の宅配です。CMでも産直をウリにしています。
コープネットと比べると商品点数は少なめらしいですが、離乳食の材料となる商品が多く、赤ちゃんが生まれて利用開始する人が多いようです。
私は利用したことがないのですが、利用者の詳しい感想があったのでリンクしておきます。
■教えて!goo 妊娠中で、生協の利用を考えています(東京在住)

最近のコメント

トラックバックリスト

RSSフィード

Photoscope

banner

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生後20日

全然時間なくて、暇があったら睡眠取らないと
体がもたない日々が続いておりますけれども。

里帰りせずに、なんとか日々を過ごしています。
結構なんとかなるもので、夫の弁当も週3~4回は用意できている。
毎日洗濯を1回して、たまにレトルト使いながら食事も用意して食えている。
でも、毎日が必死です。

時間があれば、母乳のことや母乳のことや、母乳のこととか
とにかく母乳育児について知ったことが山のようにあるので
ここにどんどん愚痴も含めて書いていきたいとこなのだが。

そんな時間があれば寝ないと無理。死ぬ。

3時間まとめて眠れたらラッキー。
2~3時間おきにオムツ替えて乳あげて抱っこして。

昼間にテレビ朝日で「暴れん坊将軍」の再放送してるから
息子抱っこしながら「ほら、松平健だよ!かっこいいね!」
と言い聞かせているが、テレビなんか見ちゃいなくて
息子はオッパイ探して口をハムハムさせながら
私のTシャツにヨダレをしみこませている毎日である。

そうそう、乳首切れてんのよ。

入院中から切れてんで、退院後は
ネットでメデラ社のピュアレーン100という
乳首に使える軟膏買って塗って、あまりにも痛い時には
直接授乳しないで搾乳したものを哺乳瓶であげたり
乳首保護器であげてみたり、ミルクあげたり。

なんで泣くのか分からず途方に暮れる時もあるけど
少しづつ私も息子も、そして夫もこの生活に慣れてきている。


『里帰りをしない』ということで、妊娠中から入院中にかけて
それを知る人は皆口々に

「大丈夫なの?」
「帰れば?」
「手伝い頼めるの?」

という言葉ばかりだった。

ところで、出産した人は自治体の制度で
保健センター(=保健所)の助産師が定期的に家庭訪問して
赤ちゃんの体重を量って色々と相談乗ってくれたりしてくれる。
先週ウチにも助産師さんが来てくれた。

随分とおしゃべりな女性であった。
母乳のこととか色々と相談に乗ってもらったが
この人がこう言った。

「里帰りしないで、ここまでやれてるのって凄いよ。偉いね。ママも赤ちゃんもがんばってるね。凄いことだよ。」

産後、この生活を選んだことを
初めて褒められた。
心配されることなく、ただただ褒められた。
そして「貴方なら大丈夫。今のままがんばって。」と。

心の底から嬉しくて、夫が帰宅してから
その話をしていたら自然にぽろぽろと泣けてきた。

嬉しかったんだもん。

保健センターの助産師さん、男の子2人の子持ちで
1人目の出産時にはいわゆる“母乳神話”に翻弄されて
乳首が切れて苦しんで苦しんで、その結果母乳が出なくなった人だった。
ついでに『あたし助産師だから大丈夫~』と、里帰りせず
手伝いも断って初産を迎えたらとんでもなく大変で
それでもプライドが邪魔して人に頼れずに散々な目にあった
なんて経験の持ち主だった。

そういった経験の上で、貴重なアドバイスを色々もらえた。

ああ、息子が生まれてから今日までにあった出来事で
書き残しておきたいことが山のようにある。
ここに書けるのいつかな。1年後くらいかな(苦笑)。
それまでに私の記憶容量がもつかどうか。

今はとにかく、毎日を乗りきることが目標である。
生後20日で息子はぐんぐん大きくなっている。
ビックリするね、この成長力。赤ちゃんてすごいよ。

家族3人、必死に生きています。
スポンサーサイト

出産&退院&更新停滞のお知らせ

どうも、本人です。
骨盤緩みっぱなしで恥骨が痛いです。
トコちゃんベルトで骨盤ぎゅっと締めてます。

さて。
夫が書いてくれましたが、無事に出産致しました。
07-03-19_22-39.jpg

書きたいことが山のようにあって、
入院中はノートに日記を書いたりして過ごしていましたが
昨日、退院して自宅に戻ってから全く時間の余裕がございません。
コメントを沢山頂いておりますが、レスする暇がないので
この場を借りて御礼申し上げます。皆様ありがとう。

で、ここは少なくとも2~3ヶ月は更新停滞すると思います。
新生児は宇宙人です。予測がつきません。
そいでも、ちっこくって温かくって、とんでもなく可愛いです。

夫曰く
『自分の“可愛い”という概念を変えるような可愛さ』
だそうだ。

昨夜は猛烈に息子が泣きまくってヘトヘトでしたが
今日は自宅での初沐浴をビデオに撮ったり、なかなか楽しい。

食事の準備は無理なので、夫にお惣菜をドンと買ってきてもらった。
出産手当金が貰えるんだから、その辺はお金かかっても平気だもんね。
母乳の出が比較的良いほうで、2週間ほどがんばれば完全母乳でいけると
助産師に言われているので乳の張らない和食系で。
揚げ物、炒め物、菓子、乳製品は厳禁です。
食ったら確かに、胸を刺すような痛みがチクチクきて
乳房がパンパンに硬くなっちゃうよ。
頻回授乳が結構キツくて2週間くらいは寝て起きて
乳吸わせてオムツ替えての繰返しである。

そいえば、うちの息子は屁が出る時にギャンギャン泣く。
屁が苦手っぽい。

忘れないように、今書きたいこと
息子が上手いこと寝入ってる間にドバーっと適当に書いておく。

●出産手当金貰えることになった、やったー。生まれたのが日曜だったので、親族みんな駆けつけられた&退院が土曜日だったんで、夫は休みを取らずに公休で対処できた。なんて親孝行な息子なのだ。

●思った以上に子供がデカくて頭のサイズも平均より3センチくらい大きかったため、会陰が見事に裂けた。伸びがよかったんで、そのままイケルとの判断で切開しなかったらしい。裂ける痛みなんか全然感じなかったけど、縫う時は麻酔が効きにくい場所があってチクチク痛い、その後傷が痛くてふんばれず便秘になり妊娠中に処方してもらってた酸化マグネシウム出してもらって3日目にようやく排便。溶ける糸だったが5日目にお願いして抜糸してもらったら、この抜糸が陣痛の次にランキング出来る痛みだった。ちなみに、浣腸と剃毛はナシ。裂けなければお下の処理は何も無かったなぁ。私の出産した病院では、浣腸は陣痛を促進する目的で時と場合により行うそうです。

●たまたま、病院の付属看護学校の3年生が実習中で、私に担当でついてくれた。学生さんなのでぎこちなさは否めないが、色々と話しを聞いてもらえて精神的にかなり助けられた。授乳で肩こったら毎日マッサージしてくれて、同じ金払ってる他の妊婦さんより好待遇だった気がする。ちなみに、陣痛のいきみ逃がしグッズのテニスボールは、看護士になるための教科書に写真つきで載ってるそうだ。医学的に効果のあるグッズなんですか、あれ。確かに病院の陣痛室にもボールごろごろ転がってたんで尻に挟みましたよ。

●夫は12時間、陣痛に苦しむ私の腰を寝ずにさすり続け、手が腫れた。そして今も肩の調子が悪い。ありがとう。

●夫婦2人とも涙もろいので、生まれたら号泣するんじゃないかと思っていたのだが、実際生まれてみたら『やっと終わった・・・・』と、心身ともにボロボロの状態だったので、ただただ安堵感のみであった。号泣しているのは生まれたてほやほやの息子のみ。

●陣痛が弱めで(後に子供がデカかったからじゃないかと助産師に言われた)なかなか子宮口が開かなかったが、陣痛の痛みは尋常じゃない。気が狂いそうになっていると、助産師が笑顔で「膀胱におしっこ溜まってると妨げになるから、トイレ行きましょ!」と、無理やり徒歩で隣にあるトイレに連れて行かれて用を足せと言われる。鬼に見えた。また、このトイレはウオシュレットが古いタイプで妙に厚みがあるもんだから、短足の私には座面が高すぎて足がしっかり地に付かない=ふんばれない便座。3回目のトイレで強烈な陣痛が来た時、足が踏ん張れずにいきみ我慢できなくなって「ぎゃぁぁぁ」と叫びながら見事に破水。おかげで子宮口全開。ここからもう、ほんとに痛みで分けわかんなくなるのだが「診察するから戻りましょう」「ベッドに横になって!」「よかったね~!じゃあ、分娩室行こう!隣だから歩いて!」まぁ、世間一般だとこれが普通のお産だということは重々承知しているが(皆、歩いてい行くっていうよね)。あの痛みの中で歩けだの寝ろだのと、とにかく助産師が鬼畜に見えた。息子取り上げてもらった時は神に見えたが。

●生まれたのが朝7時45分だったわけだが、色々と処置や休息が終わって10時ぐらいに車椅子に乗せられて病室に移動したところで、なんと夫のご両親が来ている。前夜、陣痛が始まったと連絡したら、始発の新幹線で大阪から飛んできたそうな。この病院では感染症防止のために原則として子供は母親しか抱っこできないのだが、生まれた直後だけは親族でも抱っこさせてもらえるらしい(なんでかしら。でも夫は抱っこさせてもらえて喜んでいた。)ということで、ご両親は生まれたての初孫を抱っこ、大喜び。その後、病室に私は運ばれ、「今日は午後まで、絶対安静にして横になっててください」と言われ、お義母さんが朝飯を口まで運んで食わせてくれた。感謝。

というわけで。
気長にがんばります。

あ、最後に体重の話。
最終的に生む前は、妊娠前から+12kgまでいきましたが
出産して3日後の検診時には-6kg(=妊娠前から+6kg)
そして本日、出産してから7日後には-4.6kg(=妊娠前から+1.4kg)
みるみる減ってる、ビビる。産後は母乳どんどん出した方がいい。
でも母乳作るのでカロリーかなり消費するのでどんどん食った方がいい。
入院中の1週間、全然うごかなかったので足の筋肉が
すごい勢いで無くなって細くなっているのが怖いとこ。
もちろん、妊娠中のお腹を支えるために脂肪と筋肉が余分についたので
落ちてくれた方がうれしいのだけど。
産後の、自分の体の変化も色々面白かったのでどこかで書きたいものだ。

そうそう、子供がでっかかったからか胎盤もでかかった。
後産でニュルリと胎盤出てきたら病院スタッフが「大きい!」と。
1kg弱あったそうだ。
ちなみに、一般的には日本人だと500g~600gとか。
プレママタウン にんぷのココロエ  「ビックリ! 胎盤の秘密」の巻

胎盤がデカイから子供がデカイのか
子供がデカイから胎盤がデカイのか

自分の胎盤しっかり見せてもらったら、レバーみたいでした。
へその緒ってグロテスク。

というわけで、そのうちまた書きます。
その時にはBlogのタイトルも『日々妊婦。改め、日々育児。』
とかになってるかもね。

生まれたよ

20070507041848.jpg
3715gの大きな男の子が生まれたよ。

2007年5月6日午前7時45分、遂に誕生しました。
母子ともに健康です。経過も良好です。

夫です。
皆様、いつも『日々妊婦。』をご覧頂きまして
ありがとうございます。
トモトモは5月12日に退院予定です。
しばらくは更新が滞ると思います。
彼女自身のコメントは、しばしお待ちください。
ひとまずご連絡まで。

妊婦と散歩-歩きまくる。

今日のことをダラダラ書くので、オチもなくつまらないと思う。

猫も杓子も、ゴールデンウイークである。

お産を促すためということで、散歩しまくり。
1人じゃ不安だけど、夫が一緒に付き合ってくれるので
今日は4時間くらいウロウロと近所歩きまくってきました。

今日は天気がいいので「外で弁当食おうか」
という気分になりオニギリを4つ作る。
オカズも全てオニギリにしてやるという意気込みで
米に胡麻、鰹節、刻んだ小松菜のお浸しを混ぜて
中には市販の冷凍唐揚を具にしてみた。

ペットボトルに麦茶を入れて午後1時半に出発、
ウチの近所の公園のベンチでモグモグ。

木陰の気温が丁度良くて、外で弁当食うにもいい季節。

公園を散歩していると、自分と同じくらいかな?と思える
お腹の大きい妊婦さんを3人くらい見かけた。
みんな運動のために歩いているのだろうか。

30分に1回くらい、座れる場所を見つけたら座って休憩。
途中、モスバーガーで飲み物だけ頼んでノンビリ休憩もしつつ
帰り道には薬局やスーパーで色々買い物して
家に帰ったら午後5時半。

外歩き回っている間は、お腹の張りが少し強めになることもあって
「産まれるかしら?産まれるかしら?」とヤキモキしながら
座って休憩しながら腕時計でタイミング計るが不定期。

結局、家に帰ったら張りも落ち着いてしまった。

帰って速攻シャワー浴びて、夕飯早めに食ったら
結構疲れてたらしくて意識を失うがごとく布団で眠り込んでしまった。

そして今、起きたとこ。

そういうわけで、まだ産まれません。

時効警察を見てる。
馬鹿ばかしいなぁ。この番組好き。
この脚本書いてる人が「頭おかしいんじゃないか」としか
思えないことがある。ああ、馬鹿バカしい。

妊婦と妊娠線-へその上まで1本拡大中

ぬーん。
正産期になってから一気に現れ始めた妊娠線。

今や四六時中“出ベソ”になった自分のヘソであるが
その上3cm程度の位置まで、妊娠線が1本拡大している。

痒いんだ、これが。
まぁ、我慢できる程度の痒みではあるけれど。

先日、病院へ検診に行った時に助産師に
助産師:『痒み、辛くないですか?保湿すると落ち着いたりしますよ。』
とアドバイスもらったので、家にある顔用の
ヒアルロン酸入った美容液なぞ惜しげもなく塗ってみているが
やっぱり痒い。

時期的に、もう腹が四六時中硬く張ってるような時期なので
びしびし引っ張られて、皮膚の面積が足りないんだろうなぁ。

ポリポリ。

出産目前の日々。

出来れば、この連休中に産みたいのだが。
まだ陣痛こないし。

たまにお腹が張って、下痢の時みたいな
痛みともいえない、下半身に重みが走るようなものがあるので
腕時計を常につけてノートにメモっているのだが
さっぱり規則的にならない。

うーむ。

動いた方がいいなぁということで
夫と一緒に夕方から、近所をテクテク歩き回っていた。

すると、実母が携帯に電話かけてきた。
実母とは「生まれたら連絡する」ということで
事前に約束していたはずだが

実母:『家にかけても電話に出ないし、旦那さんの携帯にかけても出ないから(夫は携帯持っていたが鞄の中に入れてたので気づかなかった)、病院に電話かけたらまだ入院して無いって言われちゃったわ!』

・・・一体、何してんの????

この人、自分で
『陣痛が始まってもいつ生まれるか分からないし、連絡は生まれてからでいいわ』
って言ったんだよ?だからそのつもりでいたんだよ?
病院に電話って、何迷惑なことしてるの・・・・。
そもそも、病院より先に私の携帯鳴らせ。順番が違う。

他にも、頼んだことや約束と違うことを電話で言い始め
「○○のことは○○ってことで申し合わせてたよね?」と聞けば
『そうだっけ?すっかり忘れてた。』と。
・・・電話の向こうでヘラヘラ笑っている。

・・・何なのこの人。

なんで自分の都合や気分で、決めたこと勝手に変えるの?
こちらが色々考えて、気を使って段取り決めてるのに。
勝手に何するか分からないので、もう一度聞いた。

■連絡はいつ欲しいのか?
→やっぱり、入院した時と、生まれたときの両方欲しい。

■陣痛が始まってから生まれるまでの間は、私は来て欲しくない。
(精神的な問題。母のことまでいろんな意味で気使ってられない。)
→生まれるまで何時間かかるか分からなくて疲れるから行かない。

他にも確認したことはあるが、
最悪でもこの2つだけは、忘れないでちゃんと憶えておいて欲しい。

納得出来ないことがあるなら、話してるその場でちゃんと
『こうしたい』と希望を言って欲しいのに
いつもその場は適当に『わかった』と返事しているらしい。
それで、後から勝手に自分の好きなように変更するから
こちらは、どうしたらいいのか分からなくなる。
それまでの全てが無意味になる。

私が過敏なだけかもしれないけれど
もう出産目前で、最高に気が張っているトコなのに
突然約束と違う、わけの分からないこと言われて、また泣いた。
もう疲れたよ。

皆、子供が産まれるの待ち遠しくて仕方ないのは知ってる。
とても嬉しいことである。

でも、もう本当に勝手なことしないで欲しい。
電話切ってからまた大泣きして夫に慰められる。

あんまりストレス溜めると陣痛こなくなるので
後は夫に任せようと思う。

疲れた。

妊婦と検診-39週です

39週2日。

前回の検診は5日前だったが、いつ産まれてもいい時期なので
しっかり診てもらってきた。

悲しいかな、前回よりも私の体重は+1.4kg。
5日間でだ。ありえない。臨月の体重ほんと無茶苦茶。なにこれ。
助産師に『何か原因ありますか?』と聞かれたが
もう適当に茶を濁しておいた。

正直、原因といえば夕飯を土日に普通に食べたことだ。

最近、かなり夕飯抜きで
きな粉牛乳飲むだけだもん。

でも、たまには夕飯食べたいモン!と。

それさえも許されないのか。
たまに夕飯を、普通に食べたら増える体重って何?どんな身体??

さすがに、何かが脳内で音を立てて『プツっ』と切れてしまった。
そのおかげで、病院の帰りに喫茶店寄って
・カフェオレ
・チョココロネ
・あんドーナッツ
をバクバク食ってしまった。やってられっか!!
甘いパン超美味しい。泣けた。もうだめ。
なにこのストレス。

ただ、少し体は浮腫んでいた。
母子手帳のムクミ、いつもは-(マイナス)なのに、今回は±。

そいえばお風呂にゆっくり、半身浴で浸かっていたら
平気で体重が1キロ以上減ったくらい身体が水っぽかった。

最近甘いものがどうしても欲しくて、ノーカロリーのコーラを
何度か飲んでいたのだが、これ飲むと妙に浮腫むような気が。
ナトリウムが結構入ってるんだよね、コーラ。

まぁ、何を言っても言い訳である。

太るのは何か理由があるはず。
ほんと困ったね。
もう妊娠前から+10kg超えちゃったよ。
信じられない。どうすりゃいいんだよ。

嘆きはこのくらいにして。

今日も内診。
正産期になると毎回内診あります。
子宮口の開き具合は、前回と同じ3cm。

医師:『この連休中に生まれるかもねぇ~』

だそうだ。医者のカンらしいが。

今回は内診時の刺激で少々出血したらしい。

医師:『ちょっと出血あるけど、心配しないでね』

はーい。

そしてエコー。
胎児の推定体重は3220g、前回より+200gである。よく育つなぁ。

医師:『む、頭でかめだね。』

なんと。
多分こりゃ夫に似たんじゃないかと思う。
うちの夫、頭に入る帽子を探すだけで一苦労なのである。

特に異常なし。
私の子宮内は羊水たっぷりあって
医師:『栄養たっぷりで、居心地良さそうだね。』
だそうだ。

居心地良すぎてなかなか産まれなかったら困るのう。


最後に、何か気になることは無いかと医師に問われ
破水とオリモノについて聞いた。

私:「最近、オリモノの量が異常に多くなってきて・・・」

医師:『痒みはあります?』

私:「いえ、痒くないです。でも、破水とどう区別したらいいのか不安で。」

子宮口が開いてくると、オリモノの量が半端なく増える。
生理2日目で経血がドロっと出るのと同じ感覚で
下着が濡れて代えないと気持ち悪いくらいの量が1日に3~4回ドロっと。
あまりに多いんで、生理用ナプキン使ってるくらいだ。
よく観察して、白っぽかったりネバネバしているのと
体を動かして出てこないことを考えて『破水ではないよなぁ~』と
毎回トイレでドキドキしているのだが。

破水はどんな感じか?と聞いてみたが

医師:『うーん、それはとても判断が難しいんだよねぇ。ドバっと音がする感じで勢い良く出る人も居るし、チョロチョロと染み出すみたいに出る人も居るし、人によって違うんだよ。』

ふーむ。

医師:『エコーで見た限り、羊水減って無いし、今までのものは破水じゃないから。今の感覚をよく憶えておいて、何か少しでも違う感じがしたらすぐに病院に電話して。別に違ってても大丈夫だから。僕らにとっては、それを見過ごして放っておくことが一番怖いからね。「そういえば3日前からこんな症状で~」なんて言われるのが一番困っちゃう。』

とにかく、兆候を見逃さないように
毎日気をつけておくしかないらしい。
がんばろ。

この連休で生まれてくれたら本当に嬉しいけどな。
いつ出てくるかね?君は。

【現在までの病院代累計】----------------------
日付にはそれぞれの日の記録を書きとめた記事へリンク。
09/21: 6,840円(エコー)
10/07: 8,860円(エコー、出産予定日決定)
10/28:19,670円(エコー、検尿、初期妊婦検診で血液検査、自治体無料券使用)
11/25:11,550円(エコー、検尿、体重・血圧・胴囲など測定および紹介状)
11/27: 5,000円(出産予定の転院先での検診+母親学級費用)
12/16: 13,120円(エコー、検尿、体重・血圧・胴囲など測定、中期血液検査)
01/13: 8,930円(エコー、検尿、体重・血圧・胴囲など測定)
02/03: 12,380円(エコー、検尿、体重・血圧・胴囲など測定、おりもの検査)
02/17: 8,930円(エコー、検尿、体重・血圧・胴囲など測定)
03/03: 4,930円(エコー、検尿、体重・血圧・胴囲など測定、後期血液検査、自治体無料券使用)
03/03: 310円(湿疹の痒み止め塗り薬)
▼ここから転院
03/20: 3,000円(エコー、検尿、体重・血圧・胴囲など測定、心音確認)
04/03: 12,450円(検尿、体重・血圧・胴囲など測定、心音確認、後期血液検査、おりもの検査)※内訳:妊婦検診3,000円、おりもの培養検査&血液検査9,450円
04/12: 3,000円(エコー、検尿、体重・血圧・胴囲など測定、心音確認)
04/20: 3,200円(内診、検尿、体重・血圧・胴囲など測定、心音確認、便秘薬処方箋)※内訳:妊婦検診3,000円、処方箋200円(健康保険適応)
04/20: 430円(便秘対策の酸化マグネシウム1回0.5g、食後3回1週間、健康保険適応)
04/27: 3,200円(内診、検尿、体重・血圧・胴囲など測定、心音確認、エコー便秘薬処方箋)※内訳:妊婦検診3,000円、処方箋200円(健康保険適応)
04/27: 470円(酸化マグネシウム1回0.5g、食後3回2週間、健康保険適応)
05/02: 3,000円(内診、検尿、体重・血圧・胴囲など測定、心音確認、エコー)

本日までの累計:129,270円

妊婦とタクシー-陣痛や破水した妊婦は乗車拒否される可能性があるという事実(追記あり)

いよいよ出産が近づいてまいりました。

さて。
ウチは車が無い。お産が始まったら病院までタクシーで行く予定。
タクシーで5分くらいかな。そんなに遠い距離ではない。

いくつか、近場のタクシー会社の電話番号をリストアップして
電話の横にプリントアウトして置いて準備してある。

そして今日、某SNSの5月出産予定の人の
掲示板をぼんやり読んでいたら
なんと『陣痛や破水してる妊婦はタクシー拒否られることがある』
という話題があった。

おいおい、まじで??
一体どうしろと。


かといって、緊急じゃない
ただの陣痛で救急車呼ぶのは非常識極まりない。
(呼ぶ気も無いし、そもそも来てくれないだろう)

うちの実母は『陣痛きたら救急車』と平気で言う人だが
(更年期障害でパニック発作起こして頻繁に救急車のお世話になったため簡単に呼んでいいものだと思い込んでるとこがある)
そんな迷惑なことするか!と思う。
もちろん、破水した羊水が濁ってるとか、出血が止まらんとか
もう頭が出ちゃってるとか、そういう緊急事態なら別だが。
ここの判断は、病院に電話して相談だよな。

けど、タクシー拒否られたらどうすんだよ。
妊婦として由々しき問題である。

まぁ、「陣痛」や「出産」など言わず(いいのかな?)
車内を汚さないようにビニールシートとバスタオルなど用意して
万全の準備で臨めば、そう拒否られることもないようなのだが。
もしも車内を汚してしまったら、1万円前後の清掃代を
請求される可能性もあるらしい。
入院の時・・・|赤ちゃんと子どもの為の妊娠・出産・育児コミュニティ ベビカム

読んでいた掲示板では、住んでる地域は分からぬが発言主が
事前に、近所のタクシー会社に
『陣痛や破水が合った場合、乗せてくれるか』
と問い合わせたら、ほとんど断られたというリアルな話。
1社だけはしぶしぶOK状態だったが微妙な対応だったと。
結局、その人は親類に車で迎えに来てもらうことにしたらしいが。

ほんとにそんなタクシー会社あるのか・・・??
少なくとも東京のタクシー激戦区でそんなことしたら
会社としてどうかと思うがなぁ。

ちょっと関係ないが、中国ではこんな事件があった。
Ameba News|タクシーに乗車拒否された妊婦 路上で出産
北京で起こった事件。要約してみますとね・・・夫婦がタクシーで病院に向かっている途中、あと300メートルで病院に着くという場所で、奥さんが産気づき。タクシー運転手が「車内で産むな!!」と道端で夫婦を車内から引き摺り下ろしたってやつ。その後、夫が必死にタクシー止めようとしたけどどれも止まらず、結局路上で出産。誰かが呼んでくれたらしい救急車は2時間後に到着したと。

あくまでも中国での話しだが、こりゃあんまりだろ。。

話しを戻して、日本の場合。
「出産 タクシー 拒否」でググったのいくつか乗せときます。
ほとんどQ&Aのサイトですが、参考になるアドバイスがあります。
夜中に陣痛がきた際はタクシーを利用して病院まで行きたいと思っているのですが、... - Yahoo!知恵袋
陣痛がきたら病院までは・・・ : 妊娠・出産・育児 : 発言小町 : 大手小町 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
妊娠中にタクシーを利用していたが、ある会社には必ず乗車拒否された、など|市民福祉|小樽市
産院 全部が微妙です。 : 妊娠・出産・育児 : 発言小町 : 大手小町 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

ちなみに、産院に向かうタクシー内で産んじゃった人のBlog
タクシー★ベイビー |うっかり熊公のガラクタ箱ブログ
妊婦vsタクシー運転手の関係ってのは、
世間一般にはシビアなものらしいです。
この方のであった運転手さんはいい人だったらしいが。
『人によっては十数万ふっかけてくる運転手も居る』とか・・・。
ぎょえー。

しかし、一方では妊婦向けに
事前に出産予定日と病院を登録しておいて、いざという日には
電話するだけでOKでという妊婦送迎サービスやってくれてる会社もあるらしい。
地域によるので、自分の住んでるとこにそんなのあればいいけどね。
エンジェルプラン|つばめタクシー[愛知県]
~タクシーのかしこい使い方~ 救援タクシー【Qタク】(「陣痛119番」参照)[神奈川県]

とにかく、対応は色々だわな。
会社として拒否るとこあり
(そんな会社に出会ったら洗いざらい書いてやる)
タクシー運転手の性格による面もあり。
運だねこりゃ。

とりあえず、リストアップしてあるタクシー会社に
陣痛でも送ってもらえるか、早速電話してみよっと。
切羽詰って断られても困るし。

追記:
とりあえず、リストアップしてるタクシー会社は
『車内が汚れないようにタオルやシートなど用意してもらえれば大丈夫です』
との回答。ウチは大丈夫そう。
玄関には、子供用に買ってあるオムツ代えシート
(裏が防水になってる敷物)とバスタオル準備しておいたよ。

それとは別で、この記事読んだ元同僚マツシマがメールくれた。
『サポートCabってのが使えると思いますよ』
早速調べた。あら、これ便利じゃん。
東京民間救急コールセンター<東京救急協会>
緊急性がない通院や受診、入退院や
病院から病院への転院搬送などの際に使えるもので
救命救急講習を受けたドライバーが運転してくれるタクシーだそうだ。
料金もざっと見た限り、普通のタクシーと変わらないっぽい。
うお、こんなものの存在すら知らなかった。
東京に住んでる妊婦さん、最悪の場合これだね。

とりあえず、安心できました。
マツシマ感謝。

妊婦と妊娠線-最後の最後で一気に現る

39週1日。

もうお腹がパンパンで、下がってきてるので
腹の皮が最高潮に伸びている雰囲気。
ヘソも立派な出ベソになっている。

2週間ほど前から「なんだか腹が痒いナァ」なんて
ボリボリ掻いていた。へその下あたり。
もう自分じゃそのエリアって鏡使わないと見えないので
手鏡を使って、湿疹でも出来たのか?と確認してみたら

なんと立派な妊娠線が・・・・orz

3~4本だけど、赤紫色の立派な筋が見えるではないか。
まぁ、いいんだけどね。
別にビキニとか着ないし。

子供が大きくなったときに
「君がお腹の中に居た証だぞ。」と説明してやるのが
ちょっと楽しみくらいに思う。

妊娠線予防には肌を乾燥させたらいけないと聞いていたので
ベビーオイルを塗ってそれなりに保湿していた。
今まで出なかったから「もう大丈夫かな~?」なんて思ってたが
やはり最後の最後で一気に来る可能性もあるようだ。

気にしてて、予防している人は
最後まで気を抜かないやうにしてくださいな。

ああ、しかし痒い。
妊娠線って結構痒いよ。

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。